バリの旅*その1 到着~居心地の良い場所へ

CX785 HKG-DPS/0955-1440
CX784 DPS-HKG/1600-2045


香港~デンパサール間、4時間45分。
しかも時差ナシ。
往路は現地到着後すぐにホテルにチェックインできるし、復路も、チェックアウトの後はゆっくりランチでもしているうちに搭乗時間。
ストレスをほとんど感じること無く移動できる。そんなフライトスケジュールは、かなりの高ポイント。

今年の旧正月、我が家の休日は5日間。
短いヴァカンスの行き先は、バリに狙いを定めたのでした。



空港のゲートをくぐり、柔らかな物腰のスタッフによるお出迎え。
その瞬間から、緩やかな休日が始まります。

久しぶりのバリ島。
私たちを乗せた車は、大きな通りを滑るように走ってゆきます。
連なるバイクの喧騒。間口の狭い雑貨屋さんや、屋台のような食堂が並ぶ街道沿い。
地元の営みを威圧するように聳え立つ、大きなショッピングモール。
懐かしい面影を垣間見せながらも、何やら進化している風な町並みに、少しばかりの驚き。
ドライバーと笑顔をかわしながら、曲がった小道の雑踏をすり抜け、さらに進み・・・。
鬱蒼と生い茂る緑のゲートが、ふいに視界に現れる。
今日からの滞在先、フォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・ジンバランベイ に到着です。




高く葺かれた屋根がバリらしい。しっとりとした空気が流れるロビー。
ほの暗い空間の向こう側、光溢れる景色が眩しい。



f0103360_1855345.jpg




f0103360_18555638.jpgf0103360_1856232.jpg


濃密な空気によく映える、藍染風のファブリック。
柔らかなカーブを描く家具は、艶々。
そして・・・
爽やかなトロピカルジュースと、可愛らしい花の香りのお出迎え。^^


f0103360_1856251.jpg




レセプションの片隅に鎮座する、芳しくも華やかな、プルメリアのアレンジ。
う~ん、バリらしいなア。


f0103360_1856534.jpg



・・・、ふと横に目をやると。
じゃれあう姿も、いと可愛らし。^^
到着するゲストにお花を渡していたのは、近隣の村の女の子たち。
学校帰りにやって来て、おめかしをして、・・・。
お仕事の合間には、何をお喋りしてるのかな?



雨季と言うけれど、ナカナカに上々のお天気。で、気分も上々。^^

遠く眺めるジンバラン湾は、とっても青くて・・・。
ん~~~、気持ち良い!


f0103360_1857865.jpg



f0103360_18573465.jpg




迎えのバギーがやって来たところで・・・さて。
まずはヴィラで、荷を解いて。
のんびりさせてもらうとしましょうか。







f0103360_1858888.jpg



今回宿泊した、オーシャンビュー・ワンベッドルーム・ヴィラ。

シックなパステルカラーの扉で隔てられた、プライベートな空間。
アウトドア・リビングと、ベッドルーム棟、小さなプール付き、
そして、滴るほどの緑で満たされています。



前のヴィラに遮られ、残念ながら、見晴らし抜群!とは言い難いけれど・・・。
それでも矢張り、先に広がる海の片鱗は、青々。
遠くに見えるのはデンパサールの空港・・・かな。
夜になったら、満天の星を仰げるかしら。


f0103360_1914864.jpg



アウトドア・リビングは、屋外とは言え開放的になり過ぎない
ロビーと同様、柔らかな曲線を描く艶々の家具。渋いピンク系のファブリックが、センス良好。



f0103360_1858354.jpgf0103360_18582866.jpg



f0103360_18585540.jpg



細やかな彫刻が施された、ベッドルーム棟への扉。やっぱりシックなパステルカラー。
ゆっくり扉を開いて、しばしの我が家へ・・・



f0103360_18595100.jpg



f0103360_18592662.jpg



シーリングファンが回る、高い天井。真っ白な天蓋。
自然素材の家具に、ひんやり気持ち良い大理石の床。

温かみがあるのに、決して野暮にはならない。
バリの「伝統」と「モダン」が融合した、心が落ち着く設えです。



f0103360_18594655.jpgf0103360_18595387.jpg



f0103360_1901663.jpg


そして、クローゼットの先にはバスルームが。

少々暗めは気になるけれど、清潔感は申し分なし。
シャワーは屋内、屋外の2箇所に。
つるんと大きなバスタブは、憧れの形。
白いプルメリアの花が沢山浮かべられて・・・
リゾート気分を盛り上げます。^^



f0103360_191092.jpgf0103360_191796.jpg



f0103360_1913063.jpg



さあさあ、荷解きも終わったところで。
汗ばむ身体をクールダウン!
早速プールへ飛び込む夫と、後を追おうか迷う妻。(苦笑)

f0103360_13435189.jpg



f0103360_1921096.jpg



照りつける日差しが強くなったら、椰子の葉陰に身を寄せて・・・。



f0103360_1923369.jpg


密やかな鳥の囀りが頭上を行き過ぎ、
途切れることなく流れる水音。

人間たちは、何するわけでもなくただ、ゆるゆると、ゆるゆると、・・・


夕食までのひと時が、長く、そして緩やかに感じられるような。
怠惰な休日の始まりに、身も心もたっぷり浸る午後でした。

[PR]
by nazli | 2009-02-24 11:38 | '09バリの旅
<< バリの旅*その2 おいしい時間 お楽しみあれこれ >>