週末香港

バリ編の途中ですが、チョット一休みして・・・。


先週は、日本から お久しぶりの方々 が来港されたので、ご一緒に週末香港をたっぷりブラブラ。^^


☆お会いするのは、実に6~7年ぶりくらい?!でしたでしょうか。
トルコ生活でスッカリ丸くなった私を認識してくださって、有難うございました。^^;



f0103360_20295125.jpg

香港へ遊びに来たからには、食べ歩きははずせないでしょ!
そして今回は、地元密着型をご所望♪ ということで


やっぱり美味しい♪お粥は 羅富記粥麺専家 を選んで・・・

f0103360_20305371.jpg


ダメもとでチャレンジ!蓮香楼 へも。




☆相変わらず大盛況!の店内に怯む私たちでしたが~。
(今回も)親切な香港人のお父さん&息子さんのお陰で、無事テーブルを確保・・・。^^;

ちなみに、私たちに席を譲って下さったこの親子さん。
UKに留学中の息子さんが久しぶりに一時帰国、ということで、わざわざこのお店へやって来たのだとか。

ケンカしているの?っという勢いの大声で広東語が飛び交い。
小山のように蒸篭を積み上げたワゴンや、お茶くみおじさん、空席待ちのお客さんたちが狭い通路を行き交う店内。
満ち満ちる人いきれ、雑多な雰囲気に圧倒されながらも、物珍しげに店内を見回す日本人の私たちに

「君たち、この(レトロで活気のある)雰囲気を味わいたくて来たんだろう?^^
自分も、息子にこんな空気を教えておきたくてね。
ここみたいに、昔ながらの味を楽しませてくれる店は、香港にはもうほとんど無いからね・・・」

なんて、しみじみおっしゃっていました。



f0103360_20302023.jpgf0103360_20302777.jpgf0103360_20303497.jpg



* * * * * * * *


何はともあれ、食事は2人きり、ということが多い(というかほぼ毎日)我が家。
やっぱり中華は大人数だなア。
などと思いつつ、どこへ行っても、箸もハナシも忙しく。大満足で大満腹!なわけでしたが。
我が家的に、今回一番のヒットだったのが、






創發潮州飯店です。


コチラ、潮州料理の隠れた名店だそうで。
九龍城という、やや交通の便の悪い土地柄にもかかわらず、地元のお客さんのみならずツーリストもやって来て連日大盛況!
予約は必須ですが、予約してあったとしても、時間通りに着席できるコトは少ないという・・・。(笑)
我が家も、かねてより興味はあったものの、なかなか足を運ぶ機会にめぐまれず・・・。
今回、ようやくトライすることが出来ました。^^



f0103360_20323473.jpg


潮州料理といえば、こちら。
巧夫茶(濃く淹れた鉄観音)でスタート♪


そして、忘れちゃいけない!
これを食さずして潮州料理を語る無かれ。大きな潮式凍花蟹(花蟹の冷製)。
蒸して、吊るして、ゆっくり冷ました分、甘みが強い。^^


f0103360_20324266.jpg


以下、続々と登場する、美味しい潮州家庭料理・・・。


上段左: 鹵水鵞片(鵞鳥のタレ煮)
中華風の香辛料が効いたタレで鵞鳥を漬け込み、柔らかく煮た一品。突き出しにぴったり。

上段中央・右: 椒鹽瀬尿蝦(大蝦蛄のにんにく唐辛子揚げ)
ここの美味しい!
大振りなシャコは、中身もしっかりプリプリ。
オレンジ色の卵がたっぷり詰まった雌、香ばしさもひとしおです。


f0103360_20333836.jpgf0103360_2034320.jpgf0103360_20335562.jpg


下段左: 香煎蠔烙(粒牡蠣入り玉子焼き)
玉子焼き、というよりは、かき揚げのような。添えられたタレをつけていただくと美味。

下段中央: 芥蘭度吊桶(小烏賊とカイラン茎の炒めもの)
あっさり塩味がgood♪照り照りつやつや、簡単なようで、なかなか家庭では出せないのですよね・・・。

下段右: 炒魚麺(魚すり身の炒麺風)
「サカナメン」!というお店のおじさんの説明に???と思いつつ。
ひとくち噛んで、ビックリ!!
これはまさに、「サカナメン」~~~。(爆)
白身魚のすり身を麺状の蒲鉾にして、ヤキソバよろしくたっぷりのお野菜と一緒に炒めたもの。
初めての体験でした。(笑)


f0103360_20342838.jpgf0103360_20332380.jpgf0103360_20333132.jpg


f0103360_20344783.jpg




入り口脇のデモンストレーション?
大鍋をあやつるおじさん。(厨房は他にもあります)


おいしそうな食材がずらり・・・待機中。^^
ん~、壮観ですな。


飾り気も何も無い、香港のどこでも見かけられるような風貌の、「町の中華料理屋さん」。
そんな外観に似合わず、なんとも奥深いお料理の数々。
店内に溢れるホンコン・パワーも楽しみつつ、じっくり、たっぷり堪能。



f0103360_20314253.jpg

おいしく楽しくいただいて、ごちそうさまでした。



**創發潮州飯店(Chong Fat Chiu Chow Restaurant)
  九龍城城南道60至62號地下 (2383-3114)

[PR]
by nazli | 2009-03-05 10:28 | 香港の日常
<< ちょっぴり日本 バリの旅*その2 おいしい時間 >>