イスタンブールふたたび*その4

f0103360_0242634.jpg

犬も猫も、ノラ天国のイスタンブールです。


いじめる人が少ないせいか、のんびりモノが多いナア。とは、いつも思うこと。
気ままにぴょんぴょん跳ね回ったり、周りを気にすることもなくお昼寝していたり、・・・。
犬好き、猫好きにとっては、その存在だけで、とっても癒されるものなのです。
(距離感をつかみそこねた故、咬まれるような結果になろうとも。 : よろしければ05年9月あたりを是非。)


そして中にはこんな、人懐こい?にゃんこもいたりして・・・。








アヤソフィアを見学中のこと。
じっくり、たっぷり周り終え、ドアの近くに腰を下ろして、ほっと一息・・・。

感動の余韻に胸震わせながら、ふと、足元に目をやると。
ここに住み着いているにゃんこが一匹、ほんの少し溜まった水で喉を潤している真っ最中・・・。



f0103360_0244967.jpg



あぁ、このコ、前から住んでいるおチビちゃんだね。
かわいいねえ。随分大きくなったねえ。
な~んて、ほのぼの見守っていたら・・・。

突然!
私の膝の上めがけて、ぴょんっっ!



f0103360_0245930.jpg



ええっ?!っと驚く間もなく、
プチプチあちこち爪を引っ掛けながら、踏み踏み、踏み踏み、・・・。
(ひゃ~~~、おニューのデニム&カーデが~~~!大汗)

慌てる私をヨソに、当猫は、まったく気にする素振りも見せず・・・
一通り踏み心地を確かめると、どっかり。

あの~、モシモシ?
もしや、ここでお昼寝する気まんてん、ですか・・・?^▽^;



f0103360_0251148.jpg



ハイ、そのとおりです。



f0103360_0252292.jpg




なんて無防備なカオをして・・・。^ー^;
しばらくゴロゴロ身体を動かしたと思ったら、居心地良い体勢を見つけて、そのままオヤスミナサイ・・・。



f0103360_0253436.jpg



参ったナアと思いつつも、あまりの可愛さにノックアウト。

それにしても。

私が少しでも動こうものなら、
「動いたらアカン!」(なぜに関西弁?)
とばかりに、前足でしっかり押さえつけてみたり。
尻尾を振って、愛嬌をみせてみたり。
・・・



f0103360_0254955.jpg




f0103360_026130.jpg



・・・そして、いつの間にか、
寝息が聞こえてきそうなくらいの熟睡体勢・・・


くぅ~~、タマリマセンッ!!



f0103360_0261580.jpg




f0103360_0263247.jpg




・・・そんなこんなで、30~40分経過。
そろそろ足が痺れて来たのですケド・・・。^ー^;;



f0103360_0265382.jpg




ほんとはずっと抱っこしていたかったけれど(本当か?)、そろそろお暇しなくちゃいけない時間なので・・・。
寝た子を起こして、帰り仕度。
ずり落ちそうなほどに寝入っていたにゃんこも、ようやく諦めた模様?
すっくと起き上がり、のびをひとつ・・・。



f0103360_0271212.jpg



ぴょんと飛び降りたら、もと来た道へ。
赤茶と白が混じった猫毛をたっぷり残し、振り返りもせず、ふらふら歩いて行ってしまいましたとさ。



f0103360_0272341.jpg



猫はやっぱり猫、ですなあ・・・。
[PR]
by nazli | 2009-07-14 01:17 | '09イスタンブールふたたび
<< さくっと イスタンブールふたたび*その3 >>