'10イスタンブールふたたび*その1
f0103360_2158495.jpg


今年の思い出は、今年のうちに!


・・・っとは思うものの。
とてもすべては、書き留められそうもありませんが・・・。


それでもやっぱり、これだけは留めておきたいな!
そう思うものをここに。
秋に訪れた、イスタンブールの思い出を、少しだけ・・・。
ここに残しておきたいと思います。






* * * * * * * *




イスタンブールへの道のりは、今年もトルコ航空を利用。

香港~日本の距離感に慣れてしまった身には、たとえ直行便といえど、欧州への夜間飛行はかなり堪えるものでしたが・・・。
長時間のフライトを乗り越え辿り着いた、久しぶりに触れる空港のにおい。濃厚で熱い眼差しのトルコの人たち。
そして、懐かしくも温かく、いつも通りに出迎えてくれた笑顔!

すべてがただ、懐かしく。嬉しくて。
イスタンブールを去った日々が、まるで夢のように感じられてしまうような。
つい昨日まで、もしかしたら今でも、ここで暮らしているんじゃないかしら・・・?
思わず錯覚してしまいそうになったりして・・・。

みるみるあふれる温かいキモチと、そして、ここで過ごす1分たりとも無駄にしたくない思いがこみ上げて。
懐かしい海沿いの道を飛ばし、それからの数日を過ごすホテルに荷物をあずけ・・・
さっそく行動開始です!




f0103360_2203192.jpg



まずは、しっかりエネルギーを補給しておかなくちゃね。
機内食の朝食を断って、お腹も空かせておいたことだし。^^
前回の訪土時 も訪れた、お気に入りだったロカンタ、カナート・ロカンタス へ。
f0103360_2205858.jpgf0103360_221540.jpg



注文は、レンズマメのスープに、たっぷりヨーグルトをかけた煮込みホウレンソウ、
それからチキンのトマト煮込みと、牛肉のトマト煮込みも。


f0103360_23485043.jpgf0103360_2213646.jpg

どれもが美味しいトルコ味。

だけれども、いつもと同じものばかり?
美味しいメニューは、他にも沢山あるというのに・・・

でも、我が家が食べたいものはこれ。
いつかまた、トルコを訪れる日があっても、注文するのはきっとこれ。(笑)




* * * * * * * *



大満足で大満腹になったら、お楽しみの市場めぐりへと参りましょう。^^


夏の終わり、秋の始まりのイスタンブール。
ぱっと視界に飛び込んできたものは・・・、
市場のあちこちに積み上げられた、蜜が滴るほどに新鮮な
よーく熟したイチジクの山!



f0103360_222972.jpgf0103360_2221833.jpg


今が旬のイチジクは、パツンパツンでプチンプチン!
日本に居た頃は、イチジク「なんか」殆ど興味の無かった私。
そんな私を虜にした、ニクイ奴。

ほんのり甘くて、適度に瑞々しくて・・・。
美味しいけれど、とーても食べごたえがあって!
たった1つで満腹になったものだっけ。

夫の目が釘付けになっているのは・・・。
今が出盛り!
大好物の「生くるみ」。



f0103360_222381.jpgf0103360_2224682.jpg

生のくるみは、しっとり甘くて、余分な脂っぽさのカケラも無し。
乾燥したものからは想像できない美味しさの、「木の実本来の味わい」。

だけれども・・・。
食べるのにそこらじゅうカスだらけになるのを嫌う妻(私)の目を盗んでは、いつもこっそり買って来てたっけね。(笑)

今回は、隠れず堂々と?!
たっぷり買って帰りましょうか。



f0103360_2232618.jpgf0103360_2234859.jpg


これは・・・、昔は見かけたことが無かったね?
日本、そして香港でも、最近人気があるそうだけれど。
トルコでもよく食べられているのかな?

食用ほおずき、トルコ名は「ゴールデンストロベリー」!

f0103360_2241358.jpgf0103360_2242339.jpg





f0103360_2245967.jpgf0103360_2251120.jpg



f0103360_2253952.jpgf0103360_2254729.jpg



f0103360_2262240.jpg



f0103360_2265877.jpg


2人揃って思わず歩みが遅くなる、魚売り場。
アジはイスタブリット、カタクチイワシはハムシ、あれは、これは、・・・
そうそう、剥き身のミディエ(ムール貝)は、ムスル・ウヌ(とうもろこし粉)をつけて揚げると美味しかったっけね。
なんて、意外と名前を憶えている自分にビックリしたりして。(笑)



色とりどりのオリーブにうっとり。
お土産用のナザールボンジュウに、肉厚の干しアンズや干しイチジク、ドライトマトもたっぷり買って。
それから、それから、・・・



f0103360_2271971.jpgf0103360_2272914.jpgf0103360_2274299.jpg



f0103360_228661.jpg




ヨーロッパとアジアを結ぶ、ボスポラス海峡。
大好きだったフェリー。

海の青も、空の青も、記憶の中に残るまま。
海峡をわたる風も、チャイを売る、売り子の呼び声も。



f0103360_2282915.jpgf0103360_2284039.jpg




* * * * * * * *




f0103360_2292783.jpgf0103360_229374.jpgf0103360_2294918.jpg



☆ 今回のお土産 ☆


ひとつひとつ写真を撮っていませんが・・・。(汗)

チャイグラスセット@パシャバフチェ
オスマントルコ調のトレー&お菓子入れ(トップの写真のようなもの)&ハマム桶(果物入れとして)
ナザールボンジュウ山盛りに
黒海地方の蜂蜜と、オリーブ各種、乾物いろいろ
ワイン数本に、オリーブオイルたくさん!

まだまだ他にもあったような・・・。
既に記憶の彼方、そしてお腹の中へ消えて行ったもの多数・・・。
[PR]
by nazli | 2010-12-20 01:11 | '10イスタンブールふたたび
<< '10イスタンブールふ... 今年の思い出 ・ 習い事編 >>