香港旅行*その2 中環・陸羽茶室(飲茶)
f0103360_2214689.jpg
朝ごはんは、ホテル近くの茶餐廰でワンタンメン。
ついでにフィッシュボールも入れてもらって、朝からしっかりいただきます。

仕事に向かう夫と別れたあとは、取り合えずホテルのジムで一走り。
美味しくお昼をいただくために、お腹を空かせておかなくちゃね。(笑)

そしてゆっくりシャワーを浴びたら、訪港前にチェックしていた飲茶やさん、「陸羽茶室」へ向かいます。




f0103360_15431214.jpg
席に案内され、まずは大好きな普洱茶をオーダー。香り深くて美味しい。

その後は、各テーブルに備え付けられたオーダー用紙に食べたい点心をチェックしていく方式です。
・・・ところがこれ、(当然ながら)全て広東語で書かれているではありませんか。
有名店だし、英語メニューがあるかな?なんて期待してたけど・・・。うぅむ、どれにしよう・・・。
焦りつつも、なんとか読めそうなメニューを探していると。
スタッフの一人が気が付いて、写真入りメニューを持ってきてくれたのでした。
そんな便利なものがあるなら最初から持ってきて欲しかったわあ。^^;)
(それとも私、チャイニーズに見えましたか?←時々間違えられる。)


左下: 鮮牛肉焼売
しっとりお肉がジューシィで美味。かすかに漂う柚子の香りが爽やかで、これまたgood♪

中央下: 蠣油叉焼包(牡蠣油入りチャーシューパオ)
甘み強めの、しっかりした味付け。食べ応えがあります。

右下: 黒芝麻奶糕
何か甘いものが食べたいなと思ってオーダーしたもの。(写真入りメニューには掲載ナシ。黒ゴマプリンを想像していました。)
で、運ばれて来たのがこちら。
・・・予想外のドーンとした姿に、チョットびっくり。^^;)
お味のほうは、うっすら甘い胡麻風味のういろう、と言ったところ?蒸かしたてのホカホカでした。


f0103360_15435444.jpgf0103360_1544878.jpgf0103360_0101471.jpg



f0103360_15552855.jpg
店内はこんなにレトロ。
しっとり艶々のテーブルに、ぱりっと白いカバー。とろりとした照明にシーリングファンが回り・・・。
「香港一の歴史を誇る」という謳い文句通り、雰囲気のあるお店でした。

**陸羽茶室(Luk Yu Tea House)
  士丹利街24-26号 (2523-5464)




さて、お腹も一杯になったことだし、次は足ツボマッサージでも行ってみようかな。
・・・と、目指して歩いていたはずなのに。
気が付いたら、いつの間にかこんな所へ・・・。





f0103360_17483260.jpg

近代的なオフィス街に突如現れたのは、狭い路地いっぱいにひしめき合う青空市!

つい先程まで歩いて来た街並みとの、あまりのギャップに暫し呆然・・・。
でも、こんな面白そうなところ、素通りするわけにはいきません。(笑)
どんな物が並んでいるかしら?
ワクワクする気持ちを抑えつつ、奥へと足を進めて行きます。


f0103360_17493022.jpgf0103360_2243631.jpg
f0103360_19474441.jpg

八百屋さんの店先に並ぶのは、青々とした旬のカイランや、強いにおいを放つドリアン。
魚屋さんの水槽で泳ぎ回る石斑、海老、シャコ、ウツボ、etc、etc。
乾物屋さんに並ぶ珍しい干物に見入っていると、隣で玉子屋のおじさんがピータンについた泥を落とし始めます。
いかにも効きそうな薬草売りのおばさん、お豆腐屋さんに並ぶ美味しそうながんもや油揚げに思わず釘付け。

こんな狭い路地に並ぶ、あまりに豊富な食材にクラクラ。
しかもどれも、なんて新鮮で美味しそうなの~。
うっかりしていると、痛んだお野菜を混ぜられてしまうトルコの市場とは大違い。
そもそも、美味しいものにはシビアで真面目なチャイニーズ。(価格はさておき?)半端なものを売ろうものなら、お店の信頼は大失墜。自分の首を絞めるなんて、あり得ないことなのでしょうね。



f0103360_194420100.jpg

そして、人が集まれば美味しい物も集まり・・・。
通りの茶餐廰は、路地いっぱいにテーブルを広げ店舗拡張を図ります。
お昼時、どのテーブルもお客さんでいっぱい!
商売繁盛。(^^)
お店のお母さん、湯気の立つお皿をかかえながら、テーブルとカウンターを忙しなく往復しています。

f0103360_1434446.jpg

ふと横に目をやると。
「ボクには関係ないよ」と言わんばかりに、のんびりお昼寝中のワンコが一匹。
この子も毎日、美味しいものを食べてるのかな?



f0103360_17444955.jpg


こんな近代的なビルの狭間に、昔ながらの街市がしっかり息づいている。
そしてどちらも、とってもパワフル!
やっぱり香港は面白いです。



ビルの間をぶらぶらしていると、今度は交差点越しの看板に、「満記甜品」の文字を発見。美味しいスイーツを食べさせてくれると評判のお店です。
お腹一杯だったはずなのに、吸い寄せられるようにお店の中へ・・・。
ここでもまた広東語のメニューを渡され(苦笑)、でも今度はすんなりマンゴープリンをオーダー。そしてあっという間にペロリ。(笑)

外に出れば、今度はランドマークに吸い寄せられ^^;)、徘徊しているうちに、これまた予定外のサンダルをお買い上げ。
香港パワーに、すっかり翻弄される私でした。


f0103360_17513238.jpg



f0103360_17515123.jpg


帰り道は、スターフェリーでのんびりと。
海沿いのビル群が霞んで見えるのは、春先の気候のせい?

海風に吹かれながら、気持ち良い午後が過ぎていくのでした。
[PR]
by nazli | 2006-04-13 02:41 | '06香港の旅
<< 香港旅行*その3 跑馬地・竹園... 香港旅行*その1 尖沙咀・錦川... >>