アンカラ旅行*その1

週末から週明けにかけて、アンカラへ行ってまいりました。

今回のメインイベントは、アンカラ・エクスプレス。
イスタンブール~アンカラ間を、約9時間半かけて走り抜ける 寝台特急です。
これに乗ってみたくてわざわざ行くことにした、と言っても過言ではありません。(笑)



f0103360_1655497.jpg
出発はここ、アジアサイドはカドゥキョイ、ハイダルパシャ駅。
周辺は、青空市やロカンタ(大衆食堂)がひしめく、活気に満ちた港町です。


夜10時。
時折、売店の売り子の呼び声が響く以外は、思いのほか静かな構内。
美しいステンドグラスに挟まれた電光掲示板に、今夜の行き先を探します。
f0103360_1665632.jpg



f0103360_1685489.jpg


ドイツの様式を取り入れ、設計されたという壮麗な駅舎。
近代化に向けて疾走したトルコの姿が偲ばれます。

イスタンブールにある大きな駅をいくつか思ってみると。
まず思い浮かぶのが、かのオリエント・エクスプレス終着駅である、ヨーロッパサイドのシルケジ駅。
そこが西洋への発着点であるとすれば、アジアサイド最西端であるハイダルパシャ駅は、東洋が果て、振り返りまた広がる地。
ふたつの想いが交錯する駅舎は、下町情緒溢れる街並みにあって、欧風の威容を呈しているのでした。

f0103360_20584253.jpgf0103360_21245380.jpg
f0103360_21185247.jpg


 アラビア風のアーチが美しい。
 静謐な空気が流れるのは、深夜に近いせい?


 あっという間に、出発時間も間近。
 慌てて列車に乗り込みます。







f0103360_16154124.jpg
客室は全て、2名1室のコンパートメント。(もちろん、1名で使用することも可能です。)
荷物を置いたら、まずは食堂車へ向かいます。


深夜の便では、しっかりとした食事をとる人はあまり居ない?メゼ(前菜)をつまむくらいかしら。
隣の席のおじいさん、今夜のお食事はラクと白チーズ。
「メロンは無いか?」と尋ねるも、あいにく用意されていない模様。
アニス風味の強~いお酒、ラク。
それを楽しむには、白チーズとメロンのおつまみが正統派、というのにね。残念でした。

f0103360_16161229.jpgf0103360_16465493.jpg


我が家も寝酒にワインを頼んで。
コトン、コトンと揺られながら、街の灯が遠ざかって行きます。


客室に戻ると、椅子が折りたたまれ、ベッドが準備されていました。
狭いながらも、清潔なシーツに満足。
顔を洗って、歯磨きをして。コトン、コトンと揺られながら、アジアの夜が更けて行くのでした。

f0103360_16165423.jpgf0103360_1617644.jpgf0103360_16171794.jpg


* * * * * * * * *

ゆりかごに揺られるように、いつしかグッスリ寝入っていました。

薄ら明るくなり始めた窓外に、ぼんやり目覚め始める頭。
流れる景色、心地よい揺れにまどろんでいると、「チリンチリン!」という軽やかなベルの音、思わずハッ!

寝過ごす人が居ないよう、ベルを片手に、車掌さんが車内を知らせ歩いているのでした。
お仕事、ご苦労様です。


f0103360_16175241.jpgf0103360_1618474.jpg


寝覚めのチャイをいただきに、食堂車へ。
食器はもちろん、シュガーもTCDD(トルコ国鉄)仕様。なんてポップで可愛い包み!

f0103360_16182598.jpg

薄靄に包まれたアナトリアの大地に、朝の訪れ。
どこまでも続く草原に、遠く連なる荒涼とした山々。
もうアンカラは目の前です。



f0103360_16185186.jpg

朝8時。
あっという間の旅を終え、トルコの首都・アンカラに到着。
大きな荷物を抱えたお客さんたち、今日のご予定はどちらへ?

売店に並ぶ、ほかほかのパンや、ナッツ。どれもトルコの人たちの大好物です。
朝食がわりに、ポアチャ(写真のパン)をひとつ。
ずんぐりと、垢抜けない見てくれ。でも、ポクポクとした素朴な風味が懐かしく。
何故だかほっとする味わいに、いつしか虜になっている日本人の私。(笑)

f0103360_16463690.jpg

f0103360_16193633.jpg


巨大な吹き抜けの駅舎を出ると、朝の冷たい空気が肌を刺します。
今日のアンカラは曇り空。
イスタンブールとは違った整然とした空気に、ぴりりと身が引き締まる瞬間でした。
[PR]
by nazli | 2006-05-03 13:43 | トルコの日常
<< アンカラ旅行*その2 香港旅行*その10 灣仔・金紫... >>