日本の楽しみ
f0103360_1156459.jpg
思ったよりも雨が少ない関東地方のようですが。
あちこちで見かけられるアジサイに、梅雨の風情が感じられる今日この頃です。
我が家の庭のアジサイは、残念ながら いまひとつ発色が悪いようですが。。
トルコでも、とってもきれいなアジサイが咲いていたっけな・・・。
(写真はトルコのアパートです。)

さて。





美味しいものをいただいたり、仲間とワイワイ集まったり、ショッピングや旅行に出かけたり。
お楽しみが山盛りの日本です。(^^)
そんな中、忘れてはならないイベントのひとつ。
渋谷はBunkamuraで開催されていた、「ポンペイの輝き展」へ行ってみました。

ヴェスヴィオ山の噴火により、ある日突然消滅した都市の繁栄。
現地では、多くの遺物とともに、おびただしい数の被災者の遺骸が発掘されたと言いますが。
それらの遺骸をシリコンで型取りし、突っ伏した姿そのままに展示した模型は、あまりにも生々しく。自然の驚異の前では為す術もない、おぞましくも悲しい惨状を目の当たりにするようでした。
その横に並べられていたのは、今なお美しい輝きを放つ貴金属や、ランプなどの日用品。逃げ出そうとした人々が手にしていた遺品の数々です。
圧倒的な死の恐怖にさらされた人々は、どんな思いでそれらを持ち出そうとしたのか?
どこまでも想像の翼が広がるのでした。

今から20年前、ヨーロッパ旅行の途中で眺めたヴェスヴィオ山は、あくまでも穏やかで。
轍が残る石畳を、のんびり歩いた日だったっけ・・・。

そんな事を思い出しながら、展示物をひとつひとつ、ゆっくり見学。
人類史上稀に見る大災害と、ローマの繁栄を謳歌したきらびやかな日常、人々の心の機微にスポットを当てたこの展覧会。
とても感慨深い内容でした。
[PR]
by nazli | 2006-06-22 11:55 | 日本の日常
<< 草津温泉 ただいま一時帰国中 >>