たかがアイス * されどアイス

f0103360_2472044.jpg

トルコでアイス、といえばこちら。
「ドンドルマ」です。


お餅のように伸びる食感が特徴のこのアイス。
トルコの人たちのみならず、トルコを訪れるツーリストにも大人気。
街のあちこちで大手チェーンのドンドルマ屋さんが見かけられるし、しかも、どのお店にも人気が絶えない盛況ぶり。
日本でも、コンビニなどで、「トルコののびるアイス・ドンドルマ(名称適当)」なるものが売り出された事があるそうですね?
聞くところによるとそれは、何となく伸びるかな~?程度、あとは一般的なアイスクリームと変わりなかったそうですが・・・。
トルコでは、モチモチと固く、スプーンで掬えないものもあるほど。
本場カフラマン・マラシュのもの(写真上)などは、あまりの固さに?ナイフ&フォークでいただくというシロモノなのです。

この不思議なモチモチ感、これは、原材料に使われている「サーレップ(ラン科の植物;この球根から採取する粉)」の特性によるものです。
伝統的なドンドルマは、羊のミルクと砂糖、サーレップを混ぜてゆっくり煮詰め、冷やし固めたものを練り上げて作ります。
このとき、「練り上げる」工程を丁寧に行うことにより、より良い粘り気が出るのだとか。
チェーン店のドンドルマのみならず、スーパーには様々なフレーバーの「インスタント・ドンドルマの素」が並び、気軽に手作りできるおやつではありますが。
本物はやはり、一手間も二手間もかけないと味わえない、という事でしょうね。


* * * * * * * * *

そんなトルコアイスの国において。
我が家の好みは、まったりコクがあって柔らかい、「ごくフツウの」アイスクリーム。
初めてドンドルマを食べた日の衝撃ときたら、もう!
正直言って、「・・・ナニコレ?これがアイスクリームですか・・・?(涙)」なんて思ったもの。
原材料のせいか?あまりコクも感じられないし・・・。(あくまでも主観)
かと言って、ドンドルマ以外のアイスを見つけるのが難しいお国柄。
「固いアイスの方が美味しいじゃない。」というトルコ人の友人を他所に、我が家的美味しいアイスクリームを探す日々が続いていたのでした。


そして、ある夕方のこと。






「ちょっとちょっと!冷凍庫空いてる!?」

「ただいま」というのももどかしげに、大慌てで帰宅した夫。
見ると片手に、なにやらビニルの袋をぶら下げているではありませんか。
例によってまた、何か変なもの買ってきちゃったのかな・・・?
一抹の不安を胸に、袋の中身をのぞいてみると。

出てきたのはこちら。
モーベンピックのアイスクリームではありませんか!(^▽^)/


f0103360_2474053.jpg


「よく見つけたね~。どこで買ってきたの?」

久しぶりの正統派アイスクリーム、溶けてしまっては大変!
急いで仕舞いながらも、思わずにんまり♪ウキウキ訊ねる私でしたが、ところが。

「今日、Sホテルに行く用事があってね。前に君が、「あそこのデリカテッセンならハーゲンダッツが売ってる」って言ってたのを思い出してさ。寄ってみたんだ。」
「で、これを買ってきたわけなんだけど・・・。」

何となく歯切れの悪い夫・・・。
美味しそうなアイスクリーム、しかも彼の大好きなバニラ。本来なら手放しで喜びそうなものなのに?
もしや、と思い、 「で、これ幾らだったの?」 聞いてみると・・・。

「ショーケースには値札がついてなかったんだよね。」
「でも、こっちのアイスなんて、1パック(1000ml)6~7YTLくらいでしょう?もうちょっと高いにしても、たかが知れてると思ったんだけど。」
「2つ選んで会計に持って行ったらさあ。」


「90YTLって言うんだよ。」


・・・ナンですと?
アイス2パックで、90YTL・・・、ですと?!
この頃、トルコリラが強かったこともあり。お値段なんと、8100円ナリ!
モーベンピックのアイスクリーム、いつからそんな高級品になったのでしょう・・・?
(というか、日本では幾らくらいで売られているのでしょうか?)

堰を切ったような夫の説明に、思わず開いた口がふさがらない私。
輸入品が異様に高いトルコとはいえ、いくらなんでもチョットやりすぎなんじゃない?

「僕もさあ、19の聞き間違いかと思ったんだよね。」
「で、nineteenか?って聞き返したら、しっかり、ninetyって言われちゃって。」
「ビックリしたけど、そうですか、じゃあ要りません。って言うわけにもいかないじゃない。店員さんも美人だったし。(って、モシモシ?--メ)」
「仕方ないから買って来ちゃったよ。」

大のアイスクリーム好きな夫も、さすがに、たかがアイスに8千円もかけるのは不条理と思った様子。
まあ、幾らだったとしても、折角の楽しみ。怒るような用件ではありませんが・・・。
店員さんとのやり取りが目に浮かぶようで、苦笑いするしかない私でした。^ー^;)


さて、夕食後。
貴重なアイスクリームを、さっそく一掬い。
バニラビーンズがたっぷり入って良い香り~。
濃厚なミルクの風味、コクがあるのに、でも甘すぎず・・・。

「・・・美味しいねえ。」

思わず顔を見合わせて、ニッコリ。
でもなんだか、微妙な心持ちの我が家だったのでした。いや、本当に美味しかったのですけどね。
たかがアイス、されどアイス、の巻でしたとさ。

* * * * * * * * *


f0103360_2465635.jpg後日談。
最近になってようやく、ハーゲンダッツが手に入り易くなりました。
大型スーパーなどでも売られていますが、お洒落なカフェでオーダーすると。
こんなに恭しく差し出してくれるのです。(笑)

ちなみにお値段、120ml?カップで5YTL(約400円)、500mlカップで15YTL(約1200円)ほど。
日本などに比べると、まだまだお高いものではありますが~。
先のモーベンピックに比べ、ぐっとお手頃感があるのも事実。(苦笑)

新しモノ好きのトルコ、欧風アイスも徐々に浸透しつつあるようですが・・・。
いつかはドンドルマに並び、追い越せる日が来るでしょうか?!
乞うご期待。
[PR]
by nazli | 2006-09-06 02:25 | トルコの日常
<< オリエント・エクスプレスがやっ... 更新記録 >>