パリ旅行
f0103360_22162936.jpg
パリへ行ってきました。


今回の大きな目的は、オランジュリー美術館訪問です。
99年夏から 改装のためにクローズされていたものが、今年5月に漸く再オープンしていたのでした。

自然光をたっぷり取り入れる工夫がなされた美術館は、印象派の殿堂として相応しい堂々たる姿。
以前の姿を知らない私ですが、流れる空気に身を任せるように、じっくり鑑賞させていただきました。
それにしても、いつ訪れても、やっぱりパリはパリ。
どこを歩いても心弾む、何度でも訪れたくなる街でした。

詳細はまた、旅行記で・・・。 というわけで。
イスタンブール(アタテュルク空港)で、ちょっと驚いたことをひとつ。







* * * * * * * * *


出国前のひとときを過ごすべく、ラウンジへと向かったところ。
目に飛び込んできた光景に、思わずビックリ!
古びて暗いイメージだったラウンジが、非常に開放的&快適なスペースに生まれ変わっていたのでした。

f0103360_22172893.jpg



f0103360_2217524.jpg





天井も高くて気持ち良い。
ビジネスコーナーも、以前のしょぼくれたイメージ(ごめんなさい)とは打って変わって、金ぴかゴージャスなコーナーになっていました。
置かれているPCだって、ずっとグレードアップ。
前は、半分くらいは壊れたような感じだったのにねえ・・・。


f0103360_22203627.jpgf0103360_222340100.jpg


f0103360_2219688.jpg



アルコールも充実しています。
ビールは、トルコ国産の「エフェス」。
トルコって、イスラムの国ながら、美味しい「地ビール」があるのですよ。(笑)

f0103360_22181699.jpgf0103360_22255734.jpg




でも、お祈りコーナーだってちゃんとあるのです。(こちらは女性用のお祈りコーナー)
カーテンで仕切られた静謐なスペース、美しいイズニック・タイルに目が釘付け。

f0103360_22274164.jpg



f0103360_22211596.jpg
ゴージャスに生まれ変わった、トルコの顔・アタテュルク空港のラウンジ。
とは言え、何となく「にわか造り」ぽい印象はぬぐえなかったものの。すっかり使いやすいスペースになったことは確か。
これもひとえに、「目指せEU加盟キャンペーン」(勝手に命名)の一環でしょうか?!

どこへ向かおうとする、これからのトルコ・・・。
何はともあれ、利用者としては、サービスの向上を ありがたく享受するところなのでした。

[PR]
by nazli | 2006-10-17 02:50 | その他海外の旅
<< バラの香りのスィーツ はじめてのクルーズ旅行@エーゲ... >>