バンコク旅行*その1 スワンナプーム国際空港 ~ ホテルへ
f0103360_15564632.jpg

イスタンブールの空港を飛び立ったのは、夜中の23時半。
それから9時間弱のフライトを経て、ようやくバンコクの新しい顔にご対面!
スワンナプーム国際空港です。


バンコク中心部から、東へおよそ30km。
かつて沼地だった土地を大々的に埋め立て、造成し、異空間のごとく創り上げられた 「黄金の土地」。
昨年9月末に開港したばかりの空港は、その名の通りに、どこもかしこもぴかぴかです。
オープン早々ちょっとした(?!)トラブルにより、一時閉鎖の憂き目を見たそうですが。^^;)
目出度く再稼動をしていました。




f0103360_15572589.jpg
設計を手がけたのは、ドイツ人の建築家だとか。
かまぼこ型の長~いコンコースが、非常にユニーク。
ターミナルは、鋼製トラス梁の骨組みの外側を、ガラスでラップ。
極めて近未来的、クールなデザインに仕上がっています。

しかし、こんな熱帯の国で総ガラス張りの建物とは。まるでビニールハウスのような・・・。
温度管理が大変じゃないかしら?なんて思ったりして。^^;)
(そして、個人的には、もうちょっとタイらしさが感じられても良かったな・・・。とも思ったりして。)


f0103360_1695456.jpg

そんな空港ビルは、以前のドンムアン空港と比べて、約5倍もの総床面積があるそうです。
さすが、アジアの一大ハブ都市を自負するバンコク。
現代タイの威信をかけて建築された建物は、アジアはもとより、世界一の総床面積を誇るものになっているのでした。


f0103360_15584994.jpg
これほど広々した空港なのに、使い勝手は以前より良くなっているのかしら?
長蛇の列に手際の悪さ、ストレス満載だったイミグレも、難なく通過。
荷物の受け取りもあっという間に済み。
あとはホテルへ移動するのみ。


混雑具合によって多少の変動はあるでしょうが、一般のメータータクシーを利用すれば、(高速代などは別として)B300程度で行くことが出来る模様。

でも今回は、夜行便で多少疲れていることもあり。ちょっとの快適度アップを求め、リムジンタクシーを利用することに。
2階の到着ロビーを降りて、すぐ目の前がリムジン乗り場。
そこから車を飛ばし、大きな渋滞に遭うこともなく 約40分。高速代を含めても、B800ほどでした。





* * * * * * * *


街の中心に近づくにつれ、洗練された風貌のビルが増え、コンドミニアムの群れが建ち並び。
頭上を覆う高架橋、カラフルなタクシーの波に圧倒されながらも、喧騒のバンコクにやって来たことを実感します。


街の熱気を感じるごとに、うずうずと逸る心を抑えつつ。
さて、久しぶりのバンコクでは、思う存分街歩きを楽しみたい!
そんな我が家が、利便性に最も重きを置いて選んだ、今回の滞在先はこちら。
インターコンチネンタル・バンコク (InterContinental BANGKOK) です。

BTSチットロム駅にほぼ直結。
お隣は、ブランドショップやお洒落な小物を扱うお店がひしめくゲイソンに、タイ土産の総本山ナライパン。
道路を挟んですぐ目の前には、多くの参拝客で賑わうエラワン祠に並び、これまたブランドショップがぎっしり詰まったエラワン・バンコクなどが控えます。
別の方向へ目をやれば、伊勢丹も入ったバンコクきってのショッピングモール、セントラルワールドが聳え、etc、etc、、、
おそらく、バンコク随一の立地を誇るホテルといっても過言ではないでしょう。


そんな便利な喧騒に囲まれていても。
一歩ロビーに足を踏み入れれば、そこで待っているのは 爽やかな静寂。
身体を包む冷房の心地よさと、視界に飛び込むシックな鮮やかさです。


f0103360_15595489.jpgf0103360_160313.jpg

天井を圧倒するようなオーキッド。
そうか、蘭の花は、タイの国花だったものね。(^^)



f0103360_162178.jpg
すみやかにチェック・インを済ませて、と。


これから滞在することになる、デラックス・ルームです。
タイらしいシックな色調が、落ち着いて良い感じ。


f0103360_1624673.jpgf0103360_1631349.jpg

そう広くは無いものの、(写真には写っていませんが)いちおうライティング・デスクもあるし。
この立地&お値段を考えれば文句ナシ、といったところでしょうか。



f0103360_1634093.jpgf0103360_1635795.jpg

シンクがひとつしか無いのはチョット残念。
でも、タオルの交換を頻繁にしてくれるのは嬉しいポイント、かな。


f0103360_1644792.jpgf0103360_165437.jpg

アメニティはAudley'sのもの。
ソーイングセットやコットンなどの基本的なもののほか、歯ブラシも用意されています。

セラドン焼きの器を開けてみると、中味はレモングラス&ミントのバスソルト♪



f0103360_1653181.jpgさて。
荷解きを終えたら、ちょっと一休み。
まずはやっぱり、コレでしょう♪

甘く爽やかなスイカジュースは、丸ごとスイカを齧る気分。
買ったばかりのガイドブックを眺めて、今後の作戦(?)を練りつつ。

あ~、とうとうバンコクに来たんだ~。(^^)

幸せな気持ちがこみあげ、かみしめるひと時でした。

[PR]
by nazli | 2007-04-13 01:48 | '07バンコクの旅
<< バンコク旅行*その2 ソンブー... バンコクで買ったもの/'07 >>