バンコク旅行*その5 エラワンティールーム(タイ料理)、らあめん一番(ラーメン)、ワットポー
ゆっくり起きた朝。
さて、今日はどこへ遊びに行こうかな?
ガイドブックをぱらぱらめくってみても、目移りするばかり。
なかなか行き先を絞れないのが、昨今のバンコクのスゴイところでしょうか。


とりあえず、近場のセントラルデパートへ。


f0103360_15425011.jpgf0103360_17572465.jpg

セントラルデパート内の HARNN & THANN です。


重たいものは最後に・・・、が鉄則のはずなのに。見るとついつい、欲しくなってしまうのが人情というもの。^^;)
で早速、山盛り石鹸お買い上げ。(重っ・・・)

そんな調子で、あっちに引き寄せられ、こっちに引き寄せられ・・・。
何気ないぶらぶら歩きを楽しみながらも。でも。
フライト中の乾燥が原因か?すっかりボロボロになってしまったネイルが気になって気になって・・・。
こうなるともう、居ても立ってもいられません。
クラランスやランコム、資生堂などのサロンが並ぶコーナーへ突進です。


フードコートを抜け、細長い通路に沢山のサロンがごちゃごちゃと並ぶ一角。
一軒一軒くまなく覘いてみるも。フェイスケアなどを行ってくれるサロンは山ほどあるのに、爪の面倒をみてくれるのはたった一軒のみ・・・。
どんな感じかしら?
なんて気にしてみても、汚いネイルでは楽しい気分も台無し。
勇気を持って?!飛び込んでみました。


その結果。

f0103360_15431385.jpgf0103360_17582543.jpg
こんな感じに出来上がり。
シェイプを整えて、カラーをチェンジ。しめてB200ナリでした。(安っ)
このお値段なら上出来の巻、でしょうか?





* * * * * * * *


お昼は、エラワンバンコクのショッピングモール内、エラワンティールーム です。


f0103360_17593187.jpg


実は今日は、かつての記憶を頼りに、グランドハイアット内のタイレストラン「Ruen Thai」へ行くつもりでした。が。
張り切ってプールサイドのレストランを目指したものの。エレベーターを降りた瞬間、出迎えてくれた光景にしばし呆然・・・。
シックな雰囲気のレストランだった面影はどこにも見当たらず。そっくりそのまま、新しいスパになっているではありませんか。(ガーン・・・)

では、レストランは一体どこへ?
スタッフに尋ねてみると、レストランはお隣のエラワンバンコク内へ移転、「ERAWAN TEA ROOM」として営業しているとのこと。
以前からのシェフはそのまま(スタッフ談)、「ティールーム」という名前通り、ぐっとカジュアルな雰囲気に生まれ変わっていたのでした。


f0103360_1801829.jpgf0103360_1803581.jpgf0103360_181085.jpg

上左: まずはスイカジュースで乾杯。今回の旅では、すっかりマンゴーの魅力にやられていましたが。(笑)やっぱり美味しい~。
上中央・右: ガイ・ホー・バイトーイ(鶏肉のパンダンリーフ包み揚げ)。これ大好きです♪パンダンリーフの良い香り&プリプリ鶏。甘いタレにつけて召し上がれ。


下左: ポーピア・クン・トード(エビ春巻き)。小振りなエビが丸々一匹入ってます。美味しい。
下中央: ソムタム。甘辛バランス良好、しっかりした味付けのソムタムです。これまた美味しい。
下右: ヤムウンセン。

f0103360_1812362.jpgf0103360_1814885.jpgf0103360_1821870.jpg


お店の雰囲気、使われている食器、etc、etc。
あまりの変貌ぶりに、少しばかり不安・・・でしたが。何はともあれ、お味の方は満足・満足♪で、ホッ・・・。
ショッピングモールの一角ということで、美味しいお料理を気軽に楽しめるようになったのがポイントでしょうか。

・・・でもやっぱり。
シックな内装、品の良いセラドンの器使い、ほの暗い窓の向こうに広がるプールサイドのきらめき、etc、etc、、、
昔通りの雰囲気で楽しめなくなってしまったのは残念だったかな・・・。


**ERAWAN TEA ROOM
  2nd Fl., Erawan Bangkok,
  494 Phloen Chit Rd. Bangkok (02-254-1234)







* * * * * * * *


そろそろ歩き疲れがたまってきたところで。
午後はフットマッサージでもしてもらいましょうか。


f0103360_18594497.jpg

向かった先は、かの有名なタイマッサージの総本山、ワットポーの直営サロンです。

壁には、マッサージおばさんたちのワットポー認定証とともに、沢山の有名人(日本人!)のサイン色紙が並んでいます。


今回施術してもらったのは、フットマッサージ+かかとの角質取り=1時間半で、B350のプロモーションコース。

サービスのお茶をいただきつつ。まずは、盥に張られたお湯で足を蒸すことしばし。
足湯気分を味わっていると、頃合を見計らって担当のマッサージおばさんがやって来ます。
そうして、おもむろに足を拭き、黒いタオルの上でゴシゴシゴシ!
・・・まるで消しごむのカスのように落ちる角質。^^;)
普段からそこそこお手入れしているつもりだったのに。この豪快なとれっぷり。^^;;)
一体どうなっちゃってるの?我ながらあきれつつも、終わってみればツルッツルになったかかとに感激♪
その後は片足ずつ、じっくりゆっくり揉み解してもらい。あっという間に1時間半が過ぎたのでした。


f0103360_14122986.jpg
かかとの角質のみならず、足のダルさもすっかり取れて。
ふくらはぎのあたりなんて、心なしか一回りくらいほっそりしたような・・・。(気のせいですってば。^^;)
チップも入れて、これで1,500円程度なんて。やっぱりタイはマッサージ天国なのでした。


**ワットポー・マッサージスクール直営サロン
  Thai Traditional Massage
  Skhumvit Rd. Soi33 14/5 (02-662-0152-3)


☆おまけの余談☆
マッサージを受けている最中のこと。
タテヨコともに、見るからにビッグな白人のオジサマがご来店!
他人事ながら、こんな大きな人を揉むのは大変だろうなあ・・・。なんて同情?していたら。
にわかにヒソヒソ、小声でおしゃべりを始めたマッサージおばさんたち・・・。
なんだろう?と聞き耳を立てる私と目が合った瞬間。

 「チャーン・・・!(象よ~!) ーー;)」

あからさまにシブイ顔をしたおばさんでした。^▽^;)
・・・やっぱりねえ。
お仕事、ご苦労さまです!



* * * * * * * *


f0103360_14261311.jpg
この辺りでちょっと、タイ料理は一休み。
夫のたっての希望で、今夜のお食事はナツカシイ日本の味?!
ラーメン屋さんメニューで乾杯です。


日本のラーメン激戦区のごとく、沢山のラーメン屋さんが味を競い合うバンコク。
そんな中から今回は、らあめん一番(3/7-9 Sukhumvit24、02-258-6314)を選んでみました。


f0103360_14265094.jpgf0103360_1427764.jpgf0103360_14272686.jpg


フツウのレバニラ炒め、フツウの餃子、フツウのラーメン。
なのに全てが美味しい♪さすが、5万人近くの在留邦人を抱えるバンコクです。



大満足でお店を後にした私たち、ほろ酔い気分にまかせてタクシーに飛び乗り!
バンコクの夜をふらつくべく、目指すは猥雑感の坩堝、パッポンです。


f0103360_15445080.jpgf0103360_15451072.jpg


大勢の観光客が集まるパッポン界隈。
カラフルなネオン、道行く人々の熱気、アヤシゲな露店、アヤシゲな客引き。
すべてがいつも通り。昔通り。
まるでここだけ、時間が止まってしまっているような。(苦笑)


f0103360_14293100.jpgそんな中。
以前にくらべて変わった事、といえば。

「○×○~?!」

イカガワシイ客引きに声をかけられる割合が増えたこと?!
これはもしてかして、加齢のせい?!!!

・・・なんて。ちと憤慨して歩いてみても。
ぱっと目に飛び込んできた、思い切り好みの白蝶貝のトレー!
すっかり心奪われて、店番のお姉さんと、ささやかな値切りバトルを繰り広げたりして。

バンコクの夜を満喫する、熱さあふれる街のひとときなのでした。

[PR]
by nazli | 2007-04-20 00:16 | '07バンコクの旅
<< マルタ旅行 バンコク旅行*その4 お買い物... >>