バンコク旅行*その7 ブルーエレファント(タイ料理)、シロッコ(Bar)
f0103360_314202.jpgf0103360_314145.jpg

お楽しみの、「Hokkaido Japan Food Fair」です。

北海道の物産即売をはじめ、イートインコーナーでは、お寿司屋さんやラーメン屋さんまで出店しています♪
ずらりと並ぶ、おいしそうな海産物。
我が家も早速、塩蔵ワカメや明太子、ちりめんじゃこなどをお買い上げ。
そして、ラーメン屋さんの呼び込みに誘われて、この日のランチはラーメンに 思わず決定。(笑)



さあ、これでホントに、欲しかったモノはすべて買い揃えられたわけで。
今夜の食事は、ゆったりした心持ちでタイ料理を楽しむべく。ブルーエレファント を選択です。


* * * * * * * *



目指すは、BTSスラサック駅目の前。近代的なビルの間に佇む、コロニアル調の建物です。
1900年代初頭に建てられたお屋敷を、百年の時を経て、レストランとして新たにスタートさせたのだとか。
ちょっと上流なタイを垣間見させるような、エレガントな外観。
一歩中に足を踏み入れると、きらめくシャンデリアがお出迎えしてくれます。
古めかしいダークブラウンのインテリアも、シックなアジアのイメージそのもの。
自ずと気分は高まるばかり。(^^)


f0103360_3152530.jpg

金ぴかカトラリーだって、違和感無く馴染んでます。



シャンパーニュの泡々に浮かぶ、象さんのロゴ。
なぜかノスタルジックな気分にさせられたりして。
f0103360_31618.jpgf0103360_3162524.jpg


そんな雰囲気の中で供されるお料理は、お上品な盛り付けに、お上品な味わい。
いつものお料理に飽きてしまった、外国人向けのタイ料理、といったところかしら?
ワインとあわせて愉しみたい、繊細なタイ料理なのでした。


f0103360_3165532.jpgf0103360_3171815.jpgf0103360_3173652.jpg


f0103360_1442080.jpgf0103360_318690.jpg


**Blue Elephant Cooking School and Restaurant
  233 South Sathorn Road
  Yannawa, Bangkok 10120 (02-673-9353-8)






* * * * * * * *


うっとり気分でレストランを後にしたら。
次なる目的地まで、夜の街をぶらぶら歩き。


車がびゅんびゅん走る大通りから、ほんの一本路地裏へ。
間口の狭い家々が軒を連ねる細い小路。
通りに並べられたテーブルと椅子、夕食を終えた家族が揃って夕涼み。
古ぼけた扇風機が送る涼風。テレビの音に混じって、子供たちの声が響く軒先。

いつかどこかで目にしたような、何となく懐かしい光景。
すっかり洗練されたバンコクの、変わらぬ素顔を見たような・・・?

なんて思いつつ。
そうか、私が育った東京の片隅も、昔はこんな風だったなア・・・。
ふと、しみじみ。




今宵の締めくくりは、そんな街を見下ろすバーで。
ステイト・タワーの最上階。
67階の高見へ上り詰める、天空の シロッコ です。



f0103360_3205773.jpg


シロッコを象徴する、大きな金色のドーム。
つい先ほどまで歩いてきた街並みとは、あまりにもかけ離れた、
まるで異次元のような風貌です。



眼下に広がるは、人々の営みが織り成すきらめき。
眩い都会の宝石箱・・・。


f0103360_3213989.jpg



f0103360_21592716.jpg



七色に変化するカウンター。
さんざめく人々の吐息が心地良く、天空の光景にグラスを重ね・・・。
f0103360_21595070.jpg
f0103360_2203166.jpg



宝石の街並みに、アルコールの酔いが緩やかに溶け合って。
いつの間にか、チャオプラヤーの眺めも、心なしか滲んできたような・・・?(笑)


ほろ酔い気分が心地よいうちに。
さて、そろそろホテルへ戻りましょうか。


f0103360_221215.jpg


**Sirocco
  64th Fl., State Tower
  Silom Rd., Bangkok 1055 (02-624-9555)
[PR]
by nazli | 2007-05-12 22:51 | '07バンコクの旅
<< バンコク旅行*その8 最後の晩... 週末はのんびりと >>