アジア旅行*その4 シンガポールはゆっくりと

ちょうど10年ぶりのシンガポール!
(アジアの中にあって)この、清潔感を伴う街並みの美しさ。
久しぶりにやって来たせいか?しみじみと、その凄さを実感させられるところです。



f0103360_16345231.jpg

変わった形の建物。 ドリアンモチーフですな。
中はちょっとしたショッピングストリートやレストラン、映画館などが入っていました。


この他にも、新しいモールが沢山出来ていたり、目下カジノも建設中だったり!
シンガポールにカジノ?!!!
マリーナ地区とセントーサ島に造られているそうですが。クリーンなシンガポールとは、いかにも不釣合いなイメージ。
到着早々、びっくり水を浴びせられた気分。^^;



* * * * * * * *


そんな調子で、ちょっとした事にもびっくりが沢山。久しぶりのシンガポール、とはいえ。
イスタンブールを離れてから、知らず知らず蓄積された疲労に加えて、赤道直下のこの猛暑・・・。
ホテル近隣を少しばかりフラフラしただけで、街歩きはもうギブアップ。
5日間の滞在中、ほぼずっと、ホテル内でゆっくり過ごした私でした。


そんなアジア巡行の締め括りは、こちらのホテル。
FSシンガポール です。


f0103360_16362258.jpg






賑わうオーチャードの喧騒を離れ、ほんの一本裏道へ。
鬱蒼と茂る南国の木々に隠れて、ひっそり佇むエントランス。
その扉をくぐると、FS特有の、さりげなく洗練された空気に包み込まれます。

大らかなギガンジュームが印象的なアレンジメント。
南国らしい鮮やかな雰囲気に、高まる満足感。そして。
背後に設えられた大きな屏風に、思わず目を奪われます。


f0103360_1637279.jpg


f0103360_16372399.jpg

豪華絢爛な、中国風の金屏風。竹に遊ぶ雀がモチーフです。
どっしりしたアンティークのテーブルに、陶製の狛犬が2頭。
なんとも艶やかな設えに、早速眼福を味わえます。^^



f0103360_1638149.jpgf0103360_1638175.jpg

レセプション前にも、シックな蘭のアレンジメント。
こんな、思い切りアジアンテイストなアレンジなのに。洋風の猫脚家具とぴったりマッチ。



なんとも居心地が良くて、ついつい長居してしまったロビーラウンジ。
どこか、お金持ちの邸宅にでも招かれたような気分?(笑)
とろりとした照明の、コロニアル調のインテリア。まるで映画の一こまのような雰囲気です。


f0103360_1644686.jpg



f0103360_1644479.jpgf0103360_16455754.jpg


うぅ~ん、我が家の蘭も、こんな風に飾ってあげたいな・・・。



f0103360_16452161.jpgf0103360_16453476.jpg

飾り棚の中身は、古めかしい書物と、これまた古めかしいマリオネット。
これは関羽・・・、かな?
非常に細密な作り、ちょっと怖いくらい?(苦笑)


f0103360_16383813.jpgf0103360_1642281.jpg



廊下やエレベーターホールなど、ホテルのあちこちにさりげなく置かれたアンティークの数々が、まるで美術館のような趣。
ひとつ、ひとつ、眺めるだけで、ゆったりした心持ちにさせてもらえるものです。




そして、今回滞在したデラックスルーム。
思ったよりも広々。淡いベージュが基調となった室内に、鮮やかな紺のソファとカーテン。
シンプルで、爽やかなインテリアです。


f0103360_16391176.jpg



壁には大きなプラズマTV。DVDやミニバーなどは、ボード内にすっきり収納されています。
ただ、ただ、・・・。
その他の収納部分、スーツケースを置くスペースや、クローゼットは、いかにも中途半端だったのが残念。
今回の我が家は、スーツケース大2+小1と、かなりの大荷物であったことは確かですが。^^;)
そうでなくとも、あの収納スペース(スーツ5~6着も掛ければ一杯になってしまうようなクローゼット。セーフティーボックスもこの中に。)では、到底足りないのでは・・・と。
これだけはストレスが残ってしまったもの。少しばかり残念なポイントでした。


・・・とまあ、それはさておき。
ウェルカムドリンクとして運ばれてきた、中国茶とコーヒー。
ゆっくりいただいて、ほっと一息・・・。



f0103360_16392826.jpgf0103360_16394036.jpgf0103360_16395369.jpg


f0103360_16405073.jpgf0103360_1641395.jpg

広々としたバスルーム。
バスタブは、日本のもののように比較的深さがあるタイプです。
のびのび足をのばす、というよりも、じっくりお湯に浸かる、という感じかな。

バスアメニティは、お馴染みロクシタン。
バーベナの香りで、暑さに負けそうな身体をリフレッシュ。^^


f0103360_16412583.jpgf0103360_16413868.jpg

f0103360_16592215.jpg



エントランスその他の施設が比較的手狭なため、混雑時にはどうしても雑多な印象を与えてしまったり、眺望がいまひとつ閉塞的だったり、、、
気になるところを挙げてみれば、結構色々挙がったりするものですが~。
「東西の融合」が大いなる憧れの我が家にとっては、FS(ことにアジア)のインテリアは、非常に参考になるもの。
実際には経済的な問題もあり(苦笑)、実現できるかどうかは別問題として、
あれもしてみたい、これもしてみたい、、、っと野望だけはたっぷり膨らんだ今回のステイ。
沢山の刺激をもらって、イスタンブールへの帰路へ着いたのでした。
[PR]
by nazli | 2007-08-19 16:03 | '07アジアの旅
<< 泳いでます。 4周年 >>