ブカレスト旅行

8月30日の祝日(勝利の日)をからめ、ブカレストへ行ってきました。


* * * * * * * *


f0103360_155666.jpg


初体験・ルーマニア航空(TAROM)。
イスタンブール~ブカレスト間を、1日2往復しているそうです。

当初、渡されたフライトスケジュールを見て、「こんなに近いのに、どうして1時間半もかかるの?」(隣国ブルガリアの首都ソフィアへは、イスタンブールから1時間弱) っと不思議に思ったのですが~。
なんと、こんな小さなプロペラ機で行くのですね・・・。(納得)

座席は50強。ということは、乗客・乗員あわせて60人乗りくらい?
んん~、小さい・・・。

預け入れ荷物は、前方のハッチから格納庫へ。ってこれ、客室と同じレベルじゃないですか?^^;)
中に入ってみると、外観以上に狭苦しく。
チョット背の高い人なら、頭が天井までついちゃいそうな。
思いっきり揺れそうだし、怖いなぁ・・・・・・・。

なんて、若干?心細かったものの。
幸い今回は、気圧が安定していたためか、ゆれ等殆ど感じることなく過ごす事が出来ました。(ホッ・・・)


☆イスタンブール~ブカレスト間は、このプロペラ機の他、エアバスも運航されています。
 そして、復路はエアバス利用。フライト時間は1時間程度でした。



* * * * * * * *


ルーマニア、というと。
ローマの末裔、ドラキュラ候、チャウシェスク、そしてコマネチ、、、くらいしかイメージが湧かなかった私。(貧困ですみません) でしたが。
今回の旅では、想像通りに威圧的なブカレストの街並みの中、想像以上に緑が多く、ひっそり佇むルーマニア正教教会がとても美しく。
新鮮な驚きでした。



日帰りで、ブカレストの北西、シナイアへも足を伸ばしてみました。

2000m級の山々が緩やかに広がるカルパチア山脈。
シナイアの街は、そんな山々のひとつ、ブチェジ山の中腹に横たわっています。

ブカレスト市内が気温30度を超える猛暑だったにもかかわらず、ここでは気温20度以下。ひんやりとした空気に包まれて、半袖姿では寒いくらいです。
濃緑の森の中、とんがり屋根の家々が点在する街並み。
麓にはホテルやレストランなども多くありましたが、猥雑すぎる感もなく。
「夏の保養地」という言葉がぴったりくるような、のんびりした雰囲気でした。


f0103360_1554113.jpg

シナイアで見学した ペレシュ城。
19世紀後半、ルーマニア王室が夏の離宮として建てた宮殿です。

「ルーマニアで最も壮麗な宮殿」という評判に違わず、息を呑むほどに美しい装飾にうっとり。
文化を創るのは、やっぱり、お金持ちの役割ですねえ・・・。

* * * * * * * *



f0103360_156148.jpg

そして、なんと言っても一番嬉しかったのがコチラ。
美味しいルーマニアワイン&ビール♪

ちょっと歩き疲れては、通りのカフェで一休み。
素朴なルーマニア料理も、想定外に美味しくて満足満足。^^


久しぶりに、夫と2人でのんびり街歩き。
ゆったり楽しむ、ブカレストの旅でした。


詳細はまた、旅行記にて・・・。
[PR]
by nazli | 2007-09-03 17:00 | その他海外の旅
<< ブカレストで買ったもの 今日はこんな日 >>