the WATER BUNGALOW

f0103360_2342140.jpgf0103360_2343865.jpg


ある日届いた荷物。
水や食料、ペーパー類、洗剤、ガスボンベ、
etc、etc


リゾートで必要なものはすべて、こうして輸送されてくるのね。
頭では分かっていたことを、改めて実感。

ちょっと中をのぞいてみると・・・。
なんと、「新鮮やさい」の文字が!
送り元はシンガポール。
あの辺りなら、日本産の野菜も多くあるでしょうね。

それにしてもやっぱり、こうしてひとつひとつ運ばれてくるなんて。大変なことです。
大切にしなくちゃ。




* * * * * * * *



ゆっくりランチを楽しんで、モルディブの空気を実感したら。
宿泊するウォーターバンガローへ移動です。



f0103360_2351220.jpg







広すぎず、狭すぎず。
ナチュラルな風合いで統一されて、相変わらず居心地の良い空間。



f0103360_2355569.jpg



プレーヤーの横に置かれていたCDを、早速セット。
静かに流れ出す モルディビアンミュージック。
ドーニのゆらめきを髣髴とさせるリズムに、目を閉じ、ゆっくりと、高鳴る鼓動・・・。




f0103360_2362814.jpgf0103360_2364430.jpg



ゆるやかな高揚感に、ハッと我に返れば。
視界に飛び込んでくるのは、あくまでも青く、明るく、穏やかな海。



f0103360_2372224.jpg

 ・・・

 また、ここへやって来たんだ

 ・・・



しみじみとこみ上げる、あたたかい気持ち。
静かに、静かに、心が満たされてゆくのでした。



f0103360_237536.jpg




f0103360_2381536.jpg

このバンガローで、何より素晴らしいのがバスルーム。




燦燦と降り注ぐ陽光、ゼリーのようにきらめく漣。
いつでも美しい海を間近に感じられる、ありったけに広いガラス窓。



f0103360_2384297.jpgf0103360_2385853.jpg


思わず撫でてしまいたくなるような、
タマゴのようなシェイプが可愛らしい、バスタブやボウルは アレッシイ製。



アメニティがロクシタンになってる!^^



f0103360_2392312.jpg

そして、リネン類はフレッテを。
柔らかな肌触り。うーん、気持ち良い。



南の島の休日を、快適に演出してくれる小物たち。
ひとつ、ひとつ、よく心が配られて。上質な癒しに包み込まれる感覚。
隔絶されたリゾートの中で、なんて贅沢なのでしょう。



・・・さて。
一通り荷解きも終わったところで。
早速シュノーケリングでもしましょうか。そう思っていたところが。

部屋に入ってからずっと、気になっていたものが、ひとつ。



f0103360_2395678.jpgf0103360_23101448.jpg


瑞々しいフルーツプレートに、よく冷えたワインまで用意されているではありませんか。^^



f0103360_23103664.jpg


シュノーケリングはしたし、でも、怠惰な魅力にも抗い難し。
さあ、どうしましょう・・・?

そんな風に迷ったのも、ほんの一瞬のこと。
軽快にワインを抜栓する夫と、そそくさとグラスを準備する妻。

始まったばかりの休日に、何を焦る必要がある?



目の前に広がるのは、きらきらと輝く海だけ。
そんな波の間を漂うように、ゆったりと、ゆったりと。
ほろ酔い気分に身を任せる、ゆるやかな午後の始まりでした。



f0103360_2311381.jpg

[PR]
by nazli | 2007-11-02 04:58 | '07楽園の旅・モルディブ
<< AQUARIUM - 1 START >>