AQUARIUM - 2

凪いだ日の朝は、水の存在すら感じさせない
ひらひらと舞う鮮やかな色彩までも、弛むことなく見て取れるほど。

巨大なアクアリウムと化すラグーンです。


f0103360_22383521.jpg



臆病者の子トラも、珊瑚の森を滑るように すぃー、すぃー、・・・


f0103360_22392678.jpg



ウォーターバンガローのデッキから。




* * * * * * * *




f0103360_2240176.jpg


おだやかなラグーンの先では、
魚たちの饗宴がお待ちかねです。








f0103360_224123.jpg

きらきらと、花吹雪のように舞う 小さな魚たち。
太陽の光をいっぱいに受け、それに呼応するように身体の色を変化させて。
賑やかに、鮮やかに、来訪者を迎え入れてくれます。






ラグーンから続く浅瀬を彩るのは、生き生きとした珊瑚礁。
まるでレース細工のような繊細さ。
なんて自由な、ありとあらゆる美しい形・・・。


f0103360_2257507.jpgf0103360_22581783.jpg



そんな光あふれる浅瀬から、少し横に目を移せば。

天上から降り注ぐ光の連柱に、魚たちがまとわりつく
どこまでも、はるか深くに沈み込む ドロップオフ。



f0103360_22585951.jpg



海中を埋め尽くす煌きに、息をつく間もないほど・・・。



f0103360_22593415.jpg



高鳴る鼓動に、辺りを見回すと。
小魚たちが、突如、嵐のように走り出して・・・。

一体何が起こったの?



賑やかな静寂を打ち破ったのは、大きなカスミアジの群れ!


f0103360_22595851.jpg



紺碧の深みから迫り来る、美しいプレデター。
本能に統制された小魚たちは、狂濤のごとく舞い上がり、うねり、砕け散って、・・・
渦巻く捕食者の牙から逃れるために、激流の銀河へとその身を変えてゆくのでした。


f0103360_2303079.jpg




* * * * * * * *


そんな、海中のヒエラルキーなど 全く関係なさそうな顔をして。
お洒落なベラにお顔の手入れをしてもらっているのは、コバルトブルーのブダイ。


f0103360_231587.jpg



呑気者のカメも、我関せず。
今日も我が道を行きます。(笑)


f0103360_2322828.jpg



珊瑚の奥に、何かいる?
じっと目を凝らせば・・・。


f0103360_2325924.jpg



現れたのは、子トラの兄貴分?やっぱり臆病者の ネムリブカ。
白いチャームが可愛い尾びれを振りながら、珊瑚の下を ぐるぐる、ぐるぐる。


f0103360_2364144.jpg



クマノミアパートはいつも大賑わい。^^



f0103360_2375081.jpgf0103360_2381684.jpg



そうしてゆったりと、満ち足りた心持で過ぎ行く海中散歩。
そんな私たちの目の前に、
ゆっくりと、ゆっくりと、近づいてくる・・・。

緩やかにうねる波のように、
大きな、大きな、・・・
黒い塊・・・?


あれは・・・
あれは、もしかして・・・


f0103360_2383777.jpg


マンタ!!

f0103360_2385239.jpg



大きな口を開けて、大海原を ひらり、ひらり、、、
あふれる海の栄養を吸いこみながら飛行する。
まるで、その美しさまでも 全身に取り込んでいるような・・・。


f0103360_2391194.jpg


季節外れのマンタは、出会う者に驚きと歓びを残して。
優美な身体を翻し、果てしないブルーの中へと帰って行ったのでした。




f0103360_2395589.jpg



f0103360_23102325.jpg




龍宮城へ行った浦島太郎は、
地上に戻ると あっという間に年老いてしまったと言うけれど・・・。


今の世の私たちは、海から上がった青い空にふと、溜息を漏らし。
大いなるその慈しみに、心からの感謝を捧げるのでした。


f0103360_23104727.jpg

[PR]
by nazli | 2007-11-07 21:10 | '07楽園の旅・モルディブ
<< the SPA AQUARIUM - 1 >>