修善寺で買ったもの
帰国時の恒例、温泉へ行って来ました。

今回の目的地は、修善寺。

  車でさっと行けるところ、美味しいお料理がたのしめるところ

ということで、今年も修善寺になってしまったわけですが・・・。^^ゞ
やっぱり正解。
今回も、ゆったり、たっぷり、癒していただきました・・・。

詳細はまた、旅行記を作るとして。
今回の旅のお土産を書き留めておきたいと思います。



修善寺温泉を訪れると、ついつい寄ってしまう民芸品のお店にて。
(修善寺の並びにお店を構えてらっしゃるので、きっと、ご存知の方も多いでしょう。^^)
寄木細工の小箱です。


様々な樹木の色合いを生かして、緻密な幾何学模様に仕上げた小箱。
寸分の狂いも無い仕上がりに、日本の職人技が感じられます。
そして、何より素晴らしいのが、この美しい色がすべて 自然のものだということ。
和にも洋にもしっくり馴染む。そこに置いておくだけで心が楽しくなるデザインです。


f0103360_21232826.jpgf0103360_21233473.jpg




裾に施された、細かい市松模様。
泣けますねえ。^^



・・・というわけで。
ひそかに、寄木細工(特に箱もの)ファンの私。(笑)
izolaさんからのプレゼント に、思わず歓声を上げてしまった理由でした。




☆ おまけ ☆
以前購入した寄木細工の小物たちも、ついでにご紹介。



f0103360_21235545.jpgf0103360_2124076.jpg
(確か)前々回の修善寺旅行時に購入した、楊枝入れです。

モダンなデザインがお気に入りです。^^
写真だとやや黄味が強く写っていますが、実際はもう少し白っぽい感じ。



f0103360_21241270.jpg


こちらはもう、ずぅーーーっと昔、
多分、高校生くらいの時に父が箱根で買ってくれた葉書入れ。

当時から既に、お土産品としては、表面だけに貼りを施すものが多くなっていたそうですが・・・。
これは、内側まできちんと貼りがされた丁寧な作りになっています。

とは言うものの。
高校生にとっては、こういったものは、あまり興味の対象にはならなかったわけですが・・・。(苦笑)
大人になってからは、ここに、スケジュール帳のレフィルを仕舞って。思い出箱として活躍してくれているのでした。
・・・ここ十数年分のレフィルが入り、既にキチンと蓋が閉まらない状態ではありますが・・・。
それもまた、思い出の厚み?年齢を重ねた証?!!
ということで。^ー^;)
[PR]
by nazli | 2007-12-12 22:05 | お土産いろいろ
<< Season's Gr... 「旅は心の宝石箱」 >>