迎春

美味し楽しく過ごしているうちに、あっというまに年明けを迎えていました。



* * * * * * * *



f0103360_18463718.jpg
トルコの果物は、味が濃くて美味しい!(しかもとってもお手ごろ!) けれども。
日本の果物の繊細な美味しさは、また、格別です。


この日のお供は、見目麗しいプロポーションのラ・フランス♪
官能的な香りがたまりません。
たっぷりジューシィで、滑らかな舌触り。味も香りも抜群でした。^^


* * * * * * * *



大晦日の晩は、ちょっと早めに、実家で年越し蕎麦をいただいて。
父が打ってくれた鴨南蛮は、今年も絶品。
感謝・感謝です。


f0103360_18464816.jpg

そして、自宅に戻ったあとは、夫と2人テレビでも観ながらゆっくり泡々を。



大晦日の気分、ということで。まずはN響の第九を鑑賞。
つづいて、何か面白そうな番組はあるかな・・・?とチャンネルをまわしていると。
TOKYO MX でも、クラシック特集が放映されているではありませんか。

おりしも第九の演奏中、しかも、カラヤン&ベルリンフィルとは~。
久しぶりにみる「動くカラヤン」は、CDのジャケット通りの格好良さ。映像のセンスも中々。だけれども。
・・・(個人的には)あまりにも巧すぎて面白みの無い演奏だなあ・・・。
なんて思いつつ。(まるで、上手なオペラの演奏でも聴いているような。苦笑)

やっぱり、カラヤンにはこういう演目は合わないねえ。
でも、来年は生誕100周年だそうだし。ザルツブルグへ行ってみなくちゃかしらね?

そんな他愛もないお喋りと、千の夜に酔いながら、
07年は暮れていったのでした。



* * * * * * * *


そして、08年の年明けは、いつも通りに穏やかに・・・。

f0103360_18465892.jpg

たった2人の家族でも、神妙な面持ちで新年の挨拶を交わし。
お雑煮の後は、近所の神社へ参拝。そして、近くのお茶屋さんの甘酒で一休み。

お花以外、とりたててお正月らしい設えはしませんでしたが・・・。
それでも、なんとなく気分が引き締まる、
日本人のDNAがなせる業でしょうか。




今年も酔い  ちがうちがう  良い年になりますように。

[PR]
by nazli | 2008-01-03 20:02 | 日本の日常
<< 帰土早々 Season's Gr... >>