阿蘇の旅*その2  客室

f0103360_18455169.jpg

エイ皮製というキーホルダー。
エイってこんな手触りなのね。



オープンから2年余りを経て、ルームキーも随分こなれた感じになっているのかな・・・?
窪みだけを残した、ルームナンバーは「13」。



今回宿泊したのは、Aタイプの客室・13号室。
山側、川側と並ぶ離れのうち、山側にたつ客室です。



ゆったり大きなソファから、フロアランプ、AV機器、ポット、くつべらなどの小物にいたるまで
室内のどこに目をやっても、潔いほどにシンプル&モダン。
63平米という広さに、高くとられた天井が開放感をプラスします。
そして、館内の他のスペース同様、磨きこまれたくるみ色のフローリングが とても良い雰囲気。



f0103360_18461942.jpg



f0103360_18463892.jpg




全体的に暗めのトーンと、直線による構成。
ともすれば無機質になりそうなほどシックな空間なのに・・・
不思議と安らかな温かみが感じられるのは、すべてが自然の色合いだからこそ。


まるで、我が家に帰ってきたような居心地の良さ・・・。


f0103360_18472083.jpg



ベッドルーム部分は、美しい網代天井に琉球畳。
段差を設け、天井部分も低めに・・・。ゆったりした心持で就寝できるよう配慮されています。

そして、なめらかな肌触りが上質なリネンに身をうずめ、何気なく窓外に目をやれば・・・
なんて深い、緑。



f0103360_18475372.jpgf0103360_1848736.jpg



どこまでも限りなく続くような、深い、深い、阿蘇の森。
国立公園内、8千坪もの敷地を有するというこの宿は、まるで、阿蘇の自然に人工の美を溶け込ませたかのような・・・。
なんという贅沢な空間でしょう。



そんな贅沢な快適さを心ゆくまで堪能できるのが、バスルームです。






自然光が溢れ、シックな中にもナチュラルな雰囲気が漂うバスルーム。
当然のようにダブルシンク。
ふんだんに用意されたタオル類は、柔らかく吸水性に富んだ今治タオル。
アメニティはRENのものを。
そして、そして、・・・。



f0103360_18483738.jpgf0103360_18484926.jpg



f0103360_18493556.jpgf0103360_18494754.jpg




ああ、この風景に身をゆだねるために、ここまでやって来たんだった・・・。



f0103360_18571966.jpg




f0103360_1850499.jpg


森へ向かって、張り出すように設えられた露天風呂。
滔々と流れ出るお湯は、源泉かけ流し。
石切造りの清潔な湯船も心地よく。ぬるめのお湯にゆっくり浸かって、ふと、見上げれば・・・
矢張り。



どこまでも限りなく続くような、深い、深い、阿蘇の森・・・。



f0103360_18512040.jpg



f0103360_18513869.jpg



身体が火照ったら、ミネラルウォーターを片手にテラスで一休み。
そしてまた、気の向くままにお湯の中へ・・・。


辺りに夜の帳が降りはじめる、夕餉までのひととき。
そんなこの世の悦楽に、幾度も、幾度も、身をゆだねる私たちでした。

[PR]
by nazli | 2008-08-08 22:03 | '08阿蘇の旅
<< 阿蘇の旅*その3  夕餉 阿蘇の旅*その1  到着 >>