あいかわらず

f0103360_1028160.jpgf0103360_10281031.jpgf0103360_10281854.jpg


銅鑼灣へ行ったついでに、超有名な麺屋さんへ。
人気の海老ワンタン麺と牛バラ麺、そして茹で菜っ葉のオイスターソースがけをオーダー。(お野菜も摂らないと!)

ぷりぷり海老に、柔らか牛バラ。そしてどちらも麺はしゃっきり、スープも美味しい♪
うーん満足。^^

・・・ではありますが。
コドモのご飯茶碗分くらいの麺が、一杯HK$28(ワンタン麺)トハ。
名を馳せてしまうと途端に高級になってしまうのが香港の常、のようですが。
Bグルとして、これを高いと思うか?リーズナブルと思うか??



**麥奀雲吞麵世家(Mak's Noodle Limited)
  銅鑼灣渣甸街四十四號地下 (2895-5310)



* * * * * * * *



さて。

麺屋さんを後にした我が家、お次は これまた超有名店「泰昌餅家」にて、おやつ用のエッグタルトと、揚げたての沙翁(香港式チビドーナツ)を購入。(それでいいのか?^^;)
そして、本日のメイン会場?へと、トラムに乗って向かった先は・・・。


f0103360_10283911.jpg







f0103360_10285421.jpgf0103360_1029211.jpg


下町情緒が残るエネルギッシュな町、北角です。



銅鑼灣からこの界隈まで、高いビルが圧迫するように立ち並ぶ町並みを快適に走り抜けたトラム。
それが、北角駅までもう一息、急な角を曲がった途端おもむろに速度を落とし始めたと思ったら・・・。
両側いっぱいに露店が迫る、細~い路地に突入!

八百屋さん、果物屋さん、お肉屋さん、魚屋さん、etc、etc。
押し迫るように続く商店と、トラムの進行などまったく意に介さないような通行人たち。
引っ切り無しに響く「チン、チン!」という警鐘が、雑多な気分を盛り上げます。
2階席から眺めるそんな光景は、ワクワクしながらも、いつ事故が起こっても不思議じゃないわね・・・?
不安な想像が過ぎったりもして・・・。(苦笑)
(今でこそ、トラムの軌道上には露店は出されていないようですが。一昔前には、それこそ線路などお構いなし。文字通り「道いっぱい」に露店が立ち並び、トラムがやって来るたびに慌ててお店を片付ける、なんて光景も繰り広げられていたそうですね。苦笑)


そんな北角の町で、我が家が目指したのは・・・
フェリー乗り場に隣接する魚市場でした。^^ゞ


f0103360_10293210.jpg


エントランスからゲートへと続く、薄暗い通路内。
何軒も軒を連ねる魚屋さんの店先に並ぶ、発泡スチロール一杯の魚介類!
ぶくぶくとたつ水泡の中、気持ち良さそうに体を伸ばすエビやイカ。ぐるぐる動き回る小さな巻貝に、ホタテ貝、平貝、etc。
蟹専門のお店には、きっちり縛られた蟹がお行儀良く並んで・・・。
そして、なんて美味しそうな石斑~♪

簡素な外観とは裏腹に、なんとまあ豊かなことよ・・・。
当然ながら、どれもこれもが新鮮そのもの。生きてます。
ああ、香港人の食い意地?!に、ひたすら感謝。



f0103360_10295651.jpgf0103360_103039.jpg



f0103360_10303590.jpgf0103360_10304552.jpg


f0103360_10302769.jpg



そうしてあれこれ迷った末、今夜のおかずは石斑とエビに決定♪
重さを量る時も、元気一杯なエビが飛び出してしまわないように気をつけて・・・。
石斑は、こんな風に塩水と一緒にビニール袋に入れて。ハイ、どうぞ。(笑)

f0103360_10332519.jpgf0103360_10331760.jpg

ごちそうを抱えて、一路仮の我が家へ・・・。
さあ、折角の美味しそうな食材、きちんと調理しなければ申し訳が無いというものです。
ザルにあけた途端に飛び跳ねるエビ!
石斑が入ったビニールは、そのまましばらく水道の蛇口にぶら下げておいて・・・、と。
新鮮なのは嬉しいけれど、このままじゃあ包丁を入れづらいし・・・。
お料理する頃には、丁度良い具合に弱っていてくれるかな?!^^;ゞ



f0103360_1033444.jpgf0103360_10335251.jpg


・・・なんて思ったものの。
帰宅して数時間。そろそろ夕食の準備を・・・っと、口を開いて見てみると。


・・・まだ元気じゃないデスカ・・・。
(しかもナンだか、つぶらな瞳をしていたりして・・・。^^;;)


f0103360_10351091.jpgf0103360_10352046.jpg



その生命力に感服しつつも、覚悟を決めて!暴れる石斑相手に四苦八苦!
どうにか下処理をすませ、生姜やお葱と一緒にスチーム。
エビもなかなか上手に蒸しあがり、蒸篭の便利さを再認識。
仮住まい中だからと渋った私をよそに、新しく鍋窯一式、そして蒸篭を揃えることを主張した夫。
むむう・・・と思ったけれど。さっそく大活躍だったりして。(苦笑)


f0103360_10354044.jpg


白ワイン片手に、楽しく美味しく大満足な香港家ごはん。
当たり前のことですが、素材が良いと、なんでも美味しく仕上がるものですねぇ。


ダイエットは来年から~♪

なんてセリフが脳裏に浮かびつつ?!!!
香港人の食い意地に、ふたたび感謝!の晩でしたとさ。
(あぁ、本当に来年から・・・汗)



f0103360_10365855.jpgf0103360_1037513.jpg

[PR]
by nazli | 2008-12-22 13:05 | 香港の日常
<< ゆく年来る年 危険信号 >>