カテゴリ:'06香港の旅( 14 )
香港旅行*その3 跑馬地・竹園海鮮飯店(海鮮料理)
f0103360_14313159.jpg

ノスタルジックな風貌の2階建てトラム。
香港島の北海岸沿いを走り、どこまで乗っても2HK$という格安さです。
(ただし、お釣りはもらえないので、小さなお金を準備しておかないといけません。^^;)



イスタンブール暮らしでは、美味しいシーフードに飢えている我が家。
香港に来たからには、あれもこれも、思いっきり食べたい!

というわけで、この日はハッピーバレーの海鮮レストラン、「竹園海鮮飯店」へ行くことになりました。


下: お店の前に並ぶ水槽。
ここから、好みの食材をチョイスします。
お魚などの大きさや量もチェックできるので、2人でも色々な食材を楽しめるのがポイントです。(^^)

海老や蟹など、お馴染みの甲殻類をはじめ、珍しい貝類、大きな石斑魚などなど。どれも美味しそう~。
カエルなんかも置いてあるあたり、いかにも中華っぽいな・・・と思っていたら。
なんと、カメさんまで並んでいるではないですか!

f0103360_14123090.jpgf0103360_14121794.jpg
これはスープにでもするのかな・・・?
と、思いつつ。
しかし、何となく寂しげに見えるのは気のせい?^^;)



食べたいものを選び、調理方法をオーダーしたら。早速ビールで乾杯です♪

f0103360_14132250.jpgf0103360_14134078.jpgf0103360_14135337.jpg


上左: 突き出し2品。湯葉と大根の煮物と、しらすの唐揚げ。
やさしい味がしっかりしみこんだ大根、ほっとします。
しらすの唐揚げは、おつまみにうってつけ。ハマリマス。(笑)

上中央: 新鮮な海老の塩茹では、海老用のお醤油で。期待を裏切らない美味しさ。

上右: 蒸し帯子の豆鼓ソースがけ。
日本語では何て言うのかな・・・。「ほたて」と訳されていましたが、帆立貝より大きくて黒っぽい、撥のような形の貝です。
プリプリ・シコシコの身に、豆鼓とガーリック&生姜のバランスが絶妙。


f0103360_1425289.jpgf0103360_1414689.jpg
左: ハマグリの豆鼓ソース炒め。
ちょっぴりスパイシーで、これまたgood。豆鼓大好き。(^^)

右: カイランのガーリック炒め。
旬のものっていいですね。オイスターソースも良い感じ。



f0103360_1415034.jpgf0103360_14151438.jpg
左: 最後に出てきたのは、石斑魚(ハタの仲間)の蒸しもの。
この辺りまで来るとお腹一杯気味になっているのですが。それでもドンドンいきます。
良い出汁が出ているので、ご飯と一緒に食べると、は~幸せ~。

美味しいシーフードに、美味しいビール、美味しいワイン。
大満足に大満腹の夕餉でした。

**竹園海鮮飯店(Chuk Yuen Seafood Restaurant)
  黄泥涌道7-9号 (2893-1197)


さて、どうやって帰りましょうか?と、考え始めたところへ。
丁度やって来たトラム。


more
[PR]
by nazli | 2006-04-14 05:41 | '06香港の旅
香港旅行*その2 中環・陸羽茶室(飲茶)
f0103360_2214689.jpg
朝ごはんは、ホテル近くの茶餐廰でワンタンメン。
ついでにフィッシュボールも入れてもらって、朝からしっかりいただきます。

仕事に向かう夫と別れたあとは、取り合えずホテルのジムで一走り。
美味しくお昼をいただくために、お腹を空かせておかなくちゃね。(笑)

そしてゆっくりシャワーを浴びたら、訪港前にチェックしていた飲茶やさん、「陸羽茶室」へ向かいます。




f0103360_15431214.jpg
席に案内され、まずは大好きな普洱茶をオーダー。香り深くて美味しい。

その後は、各テーブルに備え付けられたオーダー用紙に食べたい点心をチェックしていく方式です。
・・・ところがこれ、(当然ながら)全て広東語で書かれているではありませんか。
有名店だし、英語メニューがあるかな?なんて期待してたけど・・・。うぅむ、どれにしよう・・・。
焦りつつも、なんとか読めそうなメニューを探していると。
スタッフの一人が気が付いて、写真入りメニューを持ってきてくれたのでした。
そんな便利なものがあるなら最初から持ってきて欲しかったわあ。^^;)
(それとも私、チャイニーズに見えましたか?←時々間違えられる。)


左下: 鮮牛肉焼売
しっとりお肉がジューシィで美味。かすかに漂う柚子の香りが爽やかで、これまたgood♪

中央下: 蠣油叉焼包(牡蠣油入りチャーシューパオ)
甘み強めの、しっかりした味付け。食べ応えがあります。

右下: 黒芝麻奶糕
何か甘いものが食べたいなと思ってオーダーしたもの。(写真入りメニューには掲載ナシ。黒ゴマプリンを想像していました。)
で、運ばれて来たのがこちら。
・・・予想外のドーンとした姿に、チョットびっくり。^^;)
お味のほうは、うっすら甘い胡麻風味のういろう、と言ったところ?蒸かしたてのホカホカでした。


f0103360_15435444.jpgf0103360_1544878.jpgf0103360_0101471.jpg



f0103360_15552855.jpg
店内はこんなにレトロ。
しっとり艶々のテーブルに、ぱりっと白いカバー。とろりとした照明にシーリングファンが回り・・・。
「香港一の歴史を誇る」という謳い文句通り、雰囲気のあるお店でした。

**陸羽茶室(Luk Yu Tea House)
  士丹利街24-26号 (2523-5464)




さて、お腹も一杯になったことだし、次は足ツボマッサージでも行ってみようかな。
・・・と、目指して歩いていたはずなのに。
気が付いたら、いつの間にかこんな所へ・・・。

more
[PR]
by nazli | 2006-04-13 02:41 | '06香港の旅
香港旅行*その1 尖沙咀・錦川楼(四川料理)
f0103360_155998.jpg


相変わらず派手派手ネオンのネイザンロードです。


今回の旅は本当に急に決まったこともあり、お宿を手配するのに一苦労・・・。
あちこちのホテルサイトに問い合わせして、漸くネイザンロード沿いのホテルを手配することができました。
これがまあ、ちょっと上等なビジネスホテル?という感じでしたが。^^;)
でも、利便性だけは重視して、地下鉄駅附近のホテルを選んだのは正解でした。

イスタンブールからは、トルコ航空の直行便で香港入り。前日の夜中に出発して、翌日の夕方着。約10時間のフライトです。
空港があるランタオ島から九龍サイドまでは、エアポートエクスプレスで20分ほど。
空港内の移動もスムーズでしたし、本と便利になったものです。


f0103360_329427.jpg
ホテルに着いたら、荷解きは後回し。
早速外へ繰り出します。
ネイザンロードからペニンシュラアーケードまで、通りのお店を物色しながらぶらぶら。
そこからオーシャンセンターを冷やかし、ごちゃごちゃした通りをさらにぶらぶら・・・。
ふと気が付けば、ずいぶん歩いたこと。(そして早速、買う予定の無かったバッグがひとつ・・・。^^;)

良い加減にお腹が空いたところで、今夜のごはんは、尖沙咀にある「錦川楼」へ。
老舗の四川料理屋さんです。

まずはよく冷えたビールで乾杯!


f0103360_517371.jpg
左: 突き出しのお漬物2品。あっさり甘酢漬けの瓜と、キムチ風のキャベツ。
これが何気に美味しい~。甘みと辛みのバランスがgoodで、ビールとの相性抜群でした。


左下: 雲白肉片
薄切り茹で豚肉に、豆鼓ソースがかかっています。
叩いた豆鼓に甘い黒醤油、ガーリックが効いた豆鼓ソース、最高です。豚肉に飢えた我が家にとっては、涙モノの美味しさでした。

中央下: エビチリソース。
香港に来たからには、やっぱり海老は外せないでしょう。どっさり海老がプリプリで美味しい。

右下: 五目おこげ。
熱々の揚げゴハンに熱々のスープをかける瞬間が醍醐味ですね。
お味はまあ、普通でした。坦々麺にしても良かったかな。

f0103360_5172926.jpgf0103360_5175471.jpgf0103360_5181135.jpg


さて、これから1週間。美味しい香港がお待ちかねです。(^^)
ダイエットはひとまず置いて~。思いっきり楽しまなくちゃ!

**錦川楼(Kam Chuen Lau)
  天文台道4号 (2367-5629)

**空港~九龍まで、エアポートエクスプレスで1人90HK$。
  ところが、あまりの荷物の多さに、復路はホテルからタクシーで空港まで移動したところ。 
  かかった費用は200HK$程度・・・。
  ホテルのスタッフ曰く、ホテルから最寄の空港線駅まで約20HK$とのこと。
  そこから、大人2人分の運賃を考えると・・・。???
  交通状況にもよるのでしょうが。エアポートエクスプレス、ちょっとお高いような・・・。^^;)
[PR]
by nazli | 2006-04-13 02:25 | '06香港の旅
香港旅行
急遽決まった夫の出張のお供?という訳で。香港へ行ってまいりました。

仕事でてんやわんやの夫はさておき、私にとっては7泊8日の香港旅行。
前回行ったのはいつ頃だったかな・・・?と思い返してみると。
どうも返還前だったような・・・。(古っ!)
その後、トランジットで立ち寄ったような気もしますが、じっくり街歩きするのは本当に久しぶりでした。

さて、今回の感想をひと言で述べると。

いやぁ、やっぱり香港は楽しい!

美味しいご飯に、ワクワクするようなお店、上等なホテル、etc、etc、、、
欲しいと思うものが何でも溢れ、そして、どこもかしこも人の波が途切れないのが凄いこと。
ちょっと大きなスーパーへ行けば、国内外を問わず ありとあらゆる雑貨や食材が棚をうめつくし。
本屋さんでは、日本の雑誌や小説、趣味の本まで手に入るなんて。
話には聞いていましたが、「こんな本まで売ってるの~。(驚)」と、目からウロコの連続。そして思わず、街歩き用ガイドブックとともに、海島(マダガスカル特集!)を買ってしまった私。^^;)
多少割高とはいえ、イスタンブール暮らしにはまるで夢のようでした・・・。(涙)

巨大なモールにひしめく高級店でショッピングを楽しむ人や、露店でアヤシゲな雑貨を物色する人、スーパーや街市で今夜のおかずを吟味する人。
この街の底なしの購買意欲には、圧倒されつつも感心するばかり。
そうそう、ここでは日本ブームといわれて久しいようですが、いたるところで日本食レストランが見かけられ、しかもどこも長蛇の列!というのにまたビックリさせられました。

今や香港は大都会なんだなぁ・・・。なんて思いつつ。
あらゆる魅力の中でも、イスタンブール生活で 美味しい中華料理(特に海鮮)への憧憬が募っている我が家にとっては、まさに「口福の街」。
到着後、初めての食事を口にした瞬間から、「ダイエット」の文字が頭から消えていった私でした。^^;)

そんな調子で、よく食べ、よく飲み、よく歩き、お買い物も楽しめた1週間でした。
続きはまた・・・。
f0103360_5255020.jpg

スターフェリー乗り場から眺める香港島も、新しいビルがとっても増えています。(手撮りなのでブレブレ・・・。^^;)

昨今の香港、開発が進む中国・広州方面からスモッグがやって来ることが多いとか?
在住の知人曰く、(季節に関係なく)風の無い日はなかなかスッキリ晴れ渡ってくれないそう。 う~ん、残念・・・。(涙)
[PR]
by nazli | 2006-04-11 05:16 | '06香港の旅