カテゴリ:'09イスタンブールふたたび( 6 )
イスタンブールふたたび*その5

イスタンブールで暮らした数年間。
時に、週末のお出かけに。 時に、日本からのお客様とご一緒に。 時に、日常の気分転換に。
何度ここを訪れたことでしょう。
その度撮っていた写真も、気がつけばなんて膨大な量。
我が家のアルバム、イスタンブールの歴史的建造物の中でも、ずば抜けて枚数が多いものです。
(同じような写真ばかり、と言うハナシもありますが・・・苦笑)

だけれども・・・

このブログでは、とうとう話をすることが出来ないまま、
イスタンブールを去る日を迎えてしまった場所でした。

恐らく、私にとっては、
あまりにも好きすぎて、
触れることが出来ない場所だったのかもしれません。



☆ アヤソフィア ☆



f0103360_2324515.jpg



今回の訪土でも、ここを見学するために、出来る限り時間を割いて。
(そして、見学中には、こんなこと もあったりして・・・。笑)


アヤソフィアについて、今さら、私ごときが語れることはありませんが・・・
今回、この場所で過ごした時間の中でも、今の自分がとどめておきたい。
そう思った光景を何枚か
ここに残しておきたいと思います。


f0103360_233715.jpg


537年、東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌスの命において完成された大聖堂。
それが現在のアヤソフィアの始まりです。

漆黒の闇を照らす明星のごとく。当時のギリシア正教の要所として、1000年。
異教徒の侵攻に身を任せ、イスラム教のモスクとしてもなお、輝きを放った500年。
そして、帝国の衰退と共に、あらゆる束縛から開放されて・・・。博物館とその名を変え、ついには「世界遺産」として訪れる人々に感動を与え続けている、今・・・。

なんとも波乱に満ちた、稀有な歴史に彩られた建物でしょう。
広い世界を見渡せば、ここよりももっと壮大な、壮麗な建物は枚挙にいとまが無いでしょう。
だけれども、この世に姿を現してより1500年もの、眩暈がするような長い年月を、
時にキリスト教徒の、イスラム教徒の、安息の場となり、様々な思いをめぐらせて・・・
いつの時代も絶えること無い、人々の息吹とともに歴史を刻み続けている建物は・・・
ここを置いて他にあるでしょうか?
それこそが、アヤソフィアをアヤソフィアとして、世に比類無き存在にさせているのではないかと思うのです。




f0103360_2333942.jpgf0103360_2334698.jpg



初夏の眩い光溢れるイスタンブール。ところが。
堂内に一歩足を踏み入れた瞬間から、身体を包み込む、なんとも荘厳な空気・・・。
そして。


f0103360_234438.jpg



がらんと巨大な空間と、
遥か頭上を覆う、あまりにも巨大なドーム。

高さ55m、直径32m。
キリストの技術者たちが成し遂げた、奇跡とも言える偉業。それは、建物の外観から想像する大きさよりも、実際に聞く数字よりも、ずっと大きく感じられ。
思わず立ち尽くし、ただ、ただ、息を呑むばかり・・・。
人の仕業とは思えないような、まさに「神の天蓋」です。



f0103360_2355524.jpg






そして、これほどまでに巨大なドームを擁しているからこそ、
支える壁にとられた開口部は、思いの他少なく、小さくて・・・。
差し込む光が、よりいっそう神々しく、美しく・・・。





f0103360_2361554.jpgf0103360_2362260.jpgf0103360_2352351.jpg




f0103360_2374316.jpg




f0103360_237191.jpg





美しい細工が施されたミフラーブと、それを見下ろす、聖母マリア。
唯一神アッラーや、預言者ムハンマドの名が掲げられた柱。
秘密のようなコリドーをひっそり飾る、イズニックタイルのブルー・・・。
すべてが飴色の輝きに包まれて。
今の世の私たちに、己が歩んだ道のりを、雄弁に物語ってくれるのです。



f0103360_237168.jpgf0103360_2372386.jpg




f0103360_2345391.jpgf0103360_235073.jpg




f0103360_2383591.jpgf0103360_23858.jpgf0103360_2381216.jpg





f0103360_2341595.jpg



そんな堂内を見守る、美しい翼を広げた熾天使たち。

聖なるかな  聖なるかな

鳴り止まぬざわめきに、今もともに歌い続けるのは
遠い日の調べ、神への讃歌なのでしょう。

more
[PR]
by nazli | 2009-07-27 22:42 | '09イスタンブールふたたび
イスタンブールふたたび*その4

f0103360_0242634.jpg

犬も猫も、ノラ天国のイスタンブールです。


いじめる人が少ないせいか、のんびりモノが多いナア。とは、いつも思うこと。
気ままにぴょんぴょん跳ね回ったり、周りを気にすることもなくお昼寝していたり、・・・。
犬好き、猫好きにとっては、その存在だけで、とっても癒されるものなのです。
(距離感をつかみそこねた故、咬まれるような結果になろうとも。 : よろしければ05年9月あたりを是非。)


そして中にはこんな、人懐こい?にゃんこもいたりして・・・。


more
[PR]
by nazli | 2009-07-14 01:17 | '09イスタンブールふたたび
イスタンブールふたたび*その3

f0103360_1417553.jpg



FSの魔法にかかったまま、どこにも出かけずゆっくりホテル篭り・・・。


そんな休日も捨て難いけれど。
こんな気持ちの良い季節に閉じこもりきり、なんて。
それはやっぱり、無理な相談というものでしょう。^^



カメラ片手に、旧市街の散策とまいりましょうか。
忘れかけていた、なんてさらりとした空気。抜けるような青空が清清しい。
薄緑色を残した木々の葉は、ぐんぐん力強さを増しているようで・・・。

んん~、爽快!


f0103360_1811164.jpg



f0103360_14185794.jpgf0103360_1419566.jpg



f0103360_14192850.jpg




通りすがりのお土産物屋さんをひやかしつつ、
あっちをブラブラ、こっちをブラブラ、・・・。
こちらのお店は、おすまし顔の看板猫ちゃんが営業中。
美人さんですなあ。^^


そんなはたらきモノがいる一方・・・。
涼しそうな車の陰で丸まっているのは・・・。


f0103360_14194469.jpg



なんて無防備なカオをして。(笑)
気持ち良さそう~にお昼寝中のにゃんこが一匹。
(ほんともう、イスタンのにゃんこは お昼寝場所を見つけるのが上手 だから・・・笑)
どんな夢をみてるのかしらん?


f0103360_14195437.jpg


more
[PR]
by nazli | 2009-07-08 15:01 | '09イスタンブールふたたび
イスタンブールふたたび*その2

ほんの少し館内を歩くだけで、その土地、土地の香りに触れられるのも、FSの愉しみのひとつ。


それがイスタンブールなら・・・。
オスマントルコ時代の置物や、重厚なトルコ絨毯。繊細なミニアチュール(細密画)に、アラビア書道。
美しいイズニックタイルに、キュタフヤの陶器に、・・・
それから、それから、
たとえば、こんな風な・・・



f0103360_1131324.jpgf0103360_1132133.jpg




模様の細かさ、色合いの複雑さが圧巻な、エブル(EBRU;マーブリング・墨流し)の作品。


中央アジアからオスマントルコ帝国を経て、ヨーロッパ、さらには極東・日本へも広まっていったエブルの技法。
特殊な溶液の上に絵の具を流して形作り、別の紙に写し取って完成させる作品は、当然ながら、二度と同じ模様を作り出すことが出来ないもの・・・。
(その特性ゆえ、古くは、重要な契約書等の用紙にも使用されたそうです。)
偶然の産物にも思える、複雑な模様。この模様に辿り着くまでの、作者の熱意と努力、そして作品への愛を想像すると・・・。
ただ、ただ、感服。


f0103360_114016.jpg



f0103360_1142046.jpg





そして、長い年月を経て、美しさに深みを増したトルコ刺繍の数々・・・。

溜息・・・。




f0103360_1143925.jpgf0103360_114473.jpg




そんな風に、ひと時の眼福を味わいながら、
ゆっくりお部屋に到着です。



f0103360_10584941.jpg


more
[PR]
by nazli | 2009-06-23 19:34 | '09イスタンブールふたたび
イスタンブールふたたび*その1

☆いきなりガックリ。

今回撮影した写真のうち、ホテルでの写真が半分以上!無くなっていました・・・。(号泣)
ナゼ?ナゼ??
おそらく、データ整理している時に、間違えて消去してしまったのだと思われますが・・・。
はあ~~~~~、なんたる。
大ショック。



* * * * * * * *



久しぶりのイスタンブール行き。
ということで、コチラも久しぶりのトルコ航空、TK71(HKG-IST;2305-0605+1)を利用です。
すると・・・。

なんとっっ!
たった半年程度のご無沙汰だったというのに、
機体が新しくなっているではありませんか!(驚)

去年の秋に乗った時は、イスタンブール~アジア(日本)路線は、こんな感じの機体 だったのに。
すっかり様変わりした、真新しいボーイングです。
(しかもファーストクラスまで有り!トルコ航空のファーストクラスなんて、初めて見ました。)



f0103360_9522343.jpgf0103360_953327.jpg


カプセルのように仕切られたシートは、就寝時にはフルフラットに。マッサージ機能は勿論、Don't disturbのスイッチも付いています。
これは落ち着いて寝ていられる・・・かな?

テレビの画面も、以前よりずっと大きく。
トルコ航空も頑張っているのね・・・。
と思いつつ。さて、いざ座ってみると・・・。



f0103360_9531371.jpg

・・・。
なんだか、プライバシーが守られているような、いないような・・・。^^;
(全ての座席が斜め前方に開放されているため、前の座席の様子が丸見え。苦笑)
しかも、シートそのものも、以前より広くなったような、狭くなったような・・・。
なんとも微妙な感じ・・・?^^;;



f0103360_9535546.jpg




機体は変われど、ウェルカムドリンクは以前のまま。
ちょっとおめかしをしたオレンジジュースと、シャンパン。どちらでもお好きな方を。



そういえば、今まで、機内食の写真なんて撮ったこと無かったな・・・。っと思いつつ。
折角なので記念撮影を。

ちなみにこの日のメニューは・・・。
前菜は、Prawn King か Veal Carpaccio の選択。
Shepherd Salad、Feta Cheese & Water Melon、Leek in Olive Oil と・・・、お好みで Creamy Asparagus Soup も。
メインは Grilled Salmon、Lamb Brochette、そして Stir-Fried "E-Fu" Noodles のいずれかを。
あとはチーズやフルーツ、甘いものを何種類か・・・。

で、私が選んだのは、ご覧のエビとスープ、そしてヤキソバ。



f0103360_9541891.jpgf0103360_9542543.jpgf0103360_9543371.jpg


このヤキソバがまた、ナンと言うか・・・。^ー^;
思いっきりBグル風味、だけれどもナゼか後を引いてしまう、ような。(写真よりはずっとOKなお味でした。念のため。)
でも、就寝直前に完食はさすがにマズイ、との自制心から(?)、一口食べてごちそうさま。
あとはゆっくり、イスタンブールの到着を夢見ながら、おやすみなさい・・・。


f0103360_9545091.jpg



* * * * * * * *



そんなこんなで。
12時間のフライトをこなし、ディレイも無く順調に辿り着いた、快晴のイスタンブール!
さあさあ、懐かしい道のりに車を飛ばし、まずはホテルまで一走りです!



f0103360_9553513.jpg


more
[PR]
by nazli | 2009-06-19 23:05 | '09イスタンブールふたたび
エザーンの響く街より

f0103360_10373164.jpg




f0103360_10375972.jpg




f0103360_10381319.jpg



7ヶ月ぶりのイスタンブール。

青い空、青い海、さらりと乾燥した空気。
爽やかで、眩しくて、とっても素敵な季節でした・・・。

[PR]
by nazli | 2009-06-15 10:42 | '09イスタンブールふたたび