カテゴリ:その他日本の旅( 16 )
修善寺温泉/Dec.'07*その1

本格的な春がやって来る前に、冬の記憶の整理を・・・。
というわけで。
師走のはじめに訪れた、修善寺の思い出を書き留めておきましょう。



f0103360_23231889.jpg


more
[PR]
by nazli | 2008-03-16 05:31 | その他日本の旅
修善寺温泉/Feb.'07*その2
f0103360_4291353.jpg



さて。
お楽しみの夕餉です。^^

more
[PR]
by nazli | 2007-03-03 06:32 | その他日本の旅
修善寺温泉/Feb.'07*その1
f0103360_2131177.jpg


先日の一時帰国時に、修善寺温泉へ行ってきました。


more
[PR]
by nazli | 2007-02-26 15:35 | その他日本の旅
芦原温泉

f0103360_2274067.jpg

知人との会食のため、福井へ行って来ました。


真冬の福井は初めてです。
しかも、今回の目的地は寒~い日本海の本場?! 東尋坊 三国漁港 にも程近い、芦原温泉 です。
荒れ狂う冬の海、厳しい気候が、容易に想像されるではありませんか。
事実、近隣在住の知人によると、我が家が飛び立つ前日まで大荒れの空模様だったそうで・・・。
覚悟を決めて飛び立ったものの。滞在中は 雪どころか雨に降られることもなく、安心して過ごすことが出来ました。


f0103360_14414980.jpg
宿泊先は、芦原温泉の某旅館。
檜の大浴場もヨカッタですが、お部屋ごとについている露天風呂が気持ち良く。
湯当たりするんじゃないかしら?というくらい、せっせと入らせていただきました。(笑)


そして、肝心のお料理は、冬の醍醐味カニ尽くし。ということで・・・。

f0103360_2284784.jpgf0103360_2284279.jpgf0103360_2283464.jpg

次から次へと運ばれてくる、新鮮な(ハズの)越前蟹。
確かにボリュームはあります。でも。・・・でも。・・・うぅ~ん。・・・。
ここ数日、大荒れだったという三国の海。漁にも出られなかったと聞きますし。
この日供された蟹は、お魚屋さんの水槽で数日間を過ごしたものだったのかな・・・?
なんて想像してしまったりして。(苦笑)
残念ながら、感想は以下略、ということで。


何はともあれ、久しぶりに会うことが出来た知人との会話にも花が咲き。楽しいひとときを過ごすことが出来たところで。
今回のところは、これでヨシ。かな?



* * * * * * * * *


☆ おまけの後日談 ☆

f0103360_14401140.jpgf0103360_14401785.jpg
チョットばかり物足りなさが残った、芦原温泉旅行。
ならば、カニの仇は、ふらり日帰り温泉@奥久慈で!
素朴なお湯にゆっくり浸かって、日頃の慌しさを洗い落とし。
その後は、窓外に鄙びた風景を眺めながら、美味しいお蕎麦に舌鼓を打ってまいりました。

あ~、日本の愉しみ、ここに極まり。

[PR]
by nazli | 2007-01-17 15:41 | その他日本の旅
沖縄旅行(伊良部島)

日本の夏を楽しもう!
ということで。
マイル消費を兼ね、沖縄へ行ってきました。


今回の目的地は、伊良部島。
「美しい海を楽しむなら、やっぱり離島!」といわれる沖縄の中でも、素朴な美しさを誇る島のひとつです。
基点となる宮古島からフェリーに揺られ、のんびり行ってまいりました。


f0103360_22271716.jpg

左: 伊良部島のとびきりビーチ、渡口の浜。
ガイドブックによると、長さ800m、幅50mもあるそうですが・・・。予想以上に静かで、こじんまりとしたビーチでした。
こんなにきれいなのに、訪れる人もまばらな・・・、
穏やかなグラデーションに癒されます。

ここから沖に漕ぎ出ると、非常に美しい珊瑚礁に出会えるそうですが。
今回は、台風の影響で波が高く、遊びに行けなかったのが残念・・・。
次に訪れるときのお楽しみ、としておきましょう。


* * * * * * * * *


今回の沖縄旅行の大きな目的は、ずばり、八重干瀬(ヤビジ・宮古島の北に広がる巨大な珊瑚礁。東西8km・南北12kmにもおよぶ、日本最大の珊瑚の群生です。)で泳ぐこと!


昨年のモルディブ旅行の帰路、フルレホテルの衛星放送で偶然目にした、沖縄はヤビジ特集。
そこに映し出されていたのは、どこまでも広がる透明な海と、色とりどりの珊瑚礁、大小様々な魚たち・・・。
そんな果てしのない美しさに、思わずノックアウト!
つい先程まで魅了されていたモルディブの海を忘れ(笑)、心は沖縄へと飛んで行っていたのでした。


f0103360_22273674.jpg
それから半年余りのち。
願いをかなえるためにやって来た海は・・・。


季節がらか?透明度はいまひとつだったものの、元気に広がる珊瑚礁に感動!
魚影の濃さはそこそこでしたが、沖縄の海の実力、その一端を見せつけてくれたのでした。
f0103360_22274529.jpg

☆・・・っと言いつつ。
ヤビジに対して、あまりに理想像が大きくなっていたのか?夫曰く、「想像と違ったかな~?(少しガッカリ)」ですって。^^;)
広大なヤビジ、今回我が家が見たのはほんの一部だったのでしょうが・・・。
また行くことがあれば、次回は他のポイントも訪れてみたいものです。


* * * * * * * * *


そして、伊良部島で選んだお宿はこちら、
ヴィラブリゾート です。

more
[PR]
by nazli | 2006-07-13 09:48 | その他日本の旅
草津温泉

帰国時の大きな楽しみのひとつ、温泉へ行ってきました。

今回の目的地は、草津温泉。
言わずと知れた温泉界の大横綱、日本三名泉にも数えられる 由緒正しい温泉地です。
豊富な湯量、泉質の良さは大昔からのお墨付き。
源頼朝や武田信玄、徳川吉宗など、歴史上の大人物からも重用されていたと伝えられているのです。



f0103360_17155664.jpgf0103360_17154297.jpg
右: 草津温泉のシンボル、その名も「湯畑」。
滝のように流れるお湯の勢いも勇ましく。
温泉街の中心で もうもうと湯煙を上げながら、横綱の風格を現しているようです。


草津のお湯は、強い殺菌力を誇る酸性のお湯。
この中で繁殖できる雑菌は滅多に無く、殆どが消滅してしまうのだとか。ちょっとした怪我くらい、きれいに消毒してしまうという所以です。
江戸時代には庶民にもひろく親しまれるようになり、訪れる湯治客で連日大賑わい。
かの吉宗公も、わざわざ江戸へ湯を運ばせ、ゆっくり入浴を楽しまれたそうです。


f0103360_17152528.jpg
左: 湯畑の片すみに残る、将軍御汲上げの湯枠。
こんこんと湧き出る湯の強さに耐えながら、草津の町を見守ってきたのでしょうか。
今ではまるで、石のようになってしまった木の枠でした。



f0103360_17161213.jpg
右: 「湯の花」採取中。
温泉成分が凝縮して出来る天然の入浴剤、「湯の花」。
湯畑では、2ヶ月に一度、流れる湯を止めて手作業で湯の花をかき集めるそうです。
しっかりマスクをして、分厚い手袋をつけて、・・・。
重装備で作業をする業者の方、温泉成分の強さを感じさせられる一こまです。



そんな魅力的なお湯の草津で、今回お世話になったお宿はこちら。
草津ホテルです。

f0103360_17163299.jpg



more
[PR]
by nazli | 2006-06-29 17:27 | その他日本の旅