カテゴリ:トルコの日常( 56 )
今日の一枚

f0103360_1375789.jpgf0103360_1382350.jpgf0103360_1383944.jpg


我が家のセントポーリアたちが頑張ってくれていたので。
記念に一枚。^^


* * * * * * * *


f0103360_3455867.jpg

☆ オマケ ☆
最近のハマリモノ、トルコ刺繍(作製途中)です♪
紺色のサテンに、金の糸でチューリップを刺繍しています。
次回作は、同じデザインでカーネーションのモチーフを製作する予定。
完成したら額装、並べて飾ろうかな、と。^^
[PR]
by nazli | 2007-05-26 03:51 | トルコの日常
週末はのんびりと
f0103360_160378.jpgf0103360_1605757.jpg

春の日を満喫するイスタンブールです。
バンコク旅行、マルタ旅行と、なにかとイスタンブールを離れる機会が多かった4月。
桜の季節はとっくに終わってしまいましたが、代わりに、艶やかな藤が花盛り。
通りに出れば、公園や広場は勿論、街路樹の足元まで覆い尽くすチューリップの花々が咲き乱れ。
何気ないお散歩をしているだけで心癒される、まさに春爛漫の今日この頃です。



* * * * * * * *


「トルコの煮込み料理が食べたい!」と、夫のめずらしい一言。(←あまりトルコ料理に興味が無い人)
早速、ドライブがてらウスクダルの老舗ロカンタ(大衆食堂)へ出発。


f0103360_1557430.jpg


今さらですが、トルコ料理は、フランス料理、中華料理とならび、世界三大料理のひとつに数えられているそうで。(イスラム代表か?)
きらびやかな宮廷料理をサーブしてくれる高級レストランから、もっと庶民的なロカンタの家庭料理まで。沢山のレストランがその味・雰囲気・etc、を競い合っています。

でも。

個人的には、トルコ料理を楽しむなら、ロカンタが一番!と思うところ。
何しろここは、食料自給率100%を誇るというトルコ。
大地の恵みを一杯に受けた食材は、こてこていじらず単純な家庭料理にするのが一番、と思うわけなのです。


f0103360_15572638.jpgf0103360_15574321.jpg
☆今日のメニュー☆

私のオーダー(左)は、鶏肉とじゃがいものトマト煮込み。
トルコ版肉じゃが、といったところでしょうか。
よく味がしみた甘いジャガイモ、日本の地鶏並みに味の濃い鶏肉。
美味しいです♪


夫のオーダー(右奥)は、ラムとじゃがいものトマト煮込み。
そして、牛肉のにんにく風味煮込み(右手前)を、二人でシェア。
パンは食べ放題。

美味しく楽しくいただいて、ご馳走様でした。


**Kanaat Lokantasi
  Selmanipak cad. No:25 Üsküdar
  +90-216-341-5444



* * * * * * * *

f0103360_1559147.jpg

満腹ランチの後は、腹ごなしも兼ねて、ウスクダルの街をぶらぶら散策です。


市場の活気を冷やかして、目指すは旧市街を眺める海沿いの遊歩道。
ぬけるような青空に、筆で刷いた様な白い雲。
うーん、気持ちいいー。
暖かくなるにつれ、空の色も海の色も、どんどん蒼の濃さを増していくようです。


このところ、大統領選関係で何かときな臭いニュースが流れるイスタンブールでしたが・・・。
このまま大きな事が起こらず、無事選挙戦が終わってくれることを祈るばかり。


そんなことを、取りとめも無く思いつつ。
海峡にぽっかり浮かぶ、乙女の塔の向こう岸。
ブルーモスクやアヤソフィアのミナレットが、遠く霞む午後でした。


f0103360_15593910.jpg

[PR]
by nazli | 2007-04-30 22:52 | トルコの日常
アレッポの石鹸 (シリア)
近所のショッピングストリートを散歩中、もうすぐ LUSH がオープンしそうなのを発見!
(もしかしたら、トルコ国内第一号店?)
嬉しい~♪


* * * * * * * *


f0103360_175235.jpgこちらは、友達のNちゃんからいただいたもの。
シリアのアレッポ石鹸です。
石鹸好きの方々の間では、かなり有名なもののようですね?
遅まきながら、我が家も使ってみたところ。
これがもう!
トルコの乾燥した気候と硬水で、カサカサになりがちなお肌(涙)もビックリ!
なめらかできめ細かく、しっとりした泡立ち。
シャワーを浴びてる時は勿論、お風呂上りまでお肌が瑞々しくて、チョット感動。
月桂樹のオイルを多く含んでいるそうで、アロマ感こそ期待できないものの、特筆すべきは この保湿力。
やっぱり、乾燥した土地のものだからこそ、ということなのかしら?


バスグッズはこのところ、ロクシタン&トルコのオリーブ石鹸愛用の我が家でしたが、これは久しぶりのヒットでした。
トルコでも手に入るかなあ?
どこかで見つけたら、是非リピートしたいと思います。(^^)
(Nちゃん、どうも有り難う♪)
[PR]
by nazli | 2007-03-30 14:15 | トルコの日常
最近のハマリモノ
トルコへ来てこちら、
「折角トルコへ来たのだから!」
っと、 トルコ語会話、トルコ料理、トルコ絨緞作り、デコパージュ 、、、 などなど。
(このあたり、多くの日本人奥様が経験済みの習い事ではないでしょうか?苦笑)
ものぐさな私も、いろいろなレッスンに手を出してみました。


そんな中で、一番性に合ったのがこちら。
タイルへの絵付けです。

f0103360_1665360.jpg

週に一回通っているお教室にて。
こちらのお教室では、ほぼ毎回、生徒の皆さんが持ち寄るおやつが振舞われます。
この日のおやつは、手作りボレキ♪ (美味しかった♪)

・・・レッスンそのものより、コレの方が楽しみだったりして?!!


more
[PR]
by nazli | 2007-03-20 18:01 | トルコの日常
ここはトルコ と思うとき
f0103360_16594899.jpg

事の起こりは、我が家の衛星放送用ケーブルでした。



* * * * * * * *

現在のアパートに引っ越して、早4年半。
以来我が家では、日本語衛星放送 を受信するために、アパートの屋上に専用のアンテナを設置しています。
そのアンテナから室内のデコーダーまでは、1本のケーブルで繋いでいるわけですが。
このとき、アパートの外壁にケーブルを這わせ、窓の下に空けた小さな穴から室内へと通していたのでした。
これは、我が家が特に指示した方法ではなく。当時工事を依頼した業者が黙々と作業したところをみると、おそらく、ごく一般的なやり方だったのだと思います。
その証拠に、同じアパートに住む数組の外国人家族も、同様に衛星放送用ケーブルを這わせていたのでした。


ところが、ある日。

more
[PR]
by nazli | 2007-03-10 03:10 | トルコの日常
週末の優雅な手抜き
f0103360_1292550.jpg

毎週末のように東京~イスタンブールを行き来していたような気がする、2月の初旬でした。


今日はゆっくり、トルコの我が家で迎える週末です。
長時間のフライトで疲れも溜まっていることだし、と~。
久しぶりに、FSのサンデーブランチへ出かけることにしました。


more
[PR]
by nazli | 2007-02-18 07:36 | トルコの日常
日本ってこんな国
f0103360_1625496.jpg
今年は暖冬でぬくぬく♪
なんて話していたのは、ついこの間のコトだったのに。
先週末は、突然の吹雪に驚かされ・・・。
そして今週は、寒い強風の冬空がズット続いており・・・。
やっぱり侮れない、冬のイスタンブールでした。


☆久しぶりのトルコ料理です。
鶏ミンチにスパイスいろいろ、パセリ、おネギ、ガーリックを混ぜて、炭火でじっくりBBQ。
身体の中から温まる。んん~、チカラつくなぁ。

そんな風に、ゆるゆるとトルコ復帰している今日この頃。
先日、日本へ出張していた知人(Aさん*40代トルコ人女性)のお話です。

more
[PR]
by nazli | 2007-02-03 05:17 | トルコの日常
今日の発見
f0103360_23263464.jpg

隣のアパートが更地になっていたり、近所にレストランが沢山オープンしていたり。
帰土早々何かと驚かせてくれた、今週のイスタンブールでした。



そろそろ冷蔵庫がカラッポになりそうなところで・・・。
今日は近所の大型スーパーへ。食料品の調達に出かけました。

帰土後はじめてのお買い物は、大きなカートに山盛りいっぱい!
食料品は勿論、デイリーワインにお水に、洗剤、ペーパー類、etc、etc、・・・。
2人暮らしとは思えないほどの大盤振る舞い。(笑)
トルコの冬にありがちな野菜の質の低下、お値段高騰は涙ものでしたが~。
それでも、トマトや茄子、キュウリ、オレンジ、ブラウンマッシュルームなどなど、どれも1キロ200~300円前後。
日本では考えられないお手頃さですね。

さらに今日は、ちょっと嬉しい発見が!
お魚コーナーの片隅に、エスカルゴ(ただし冷凍)が並んでいたのでした。
うぅむ、冷凍とはいえ、(レストラン以外で)イスタンブールで初めて出会うエスカルゴ・・・。
お値段の方も、なんでこんなにお安いの?1キロで15YTL(約1300円)ナリ。
これなら失敗しても構わないなあ。
っと、今日のところは5ダース(60つぶ)お買い上げ。しめて1100円ほどでした。


さて。
家に帰って、さっそく調理。
と言っても、プレートに並べてオーブンに入れるだけ。(笑)
あとはたっぷりのルッコラを洗って、エクメク(トルコのバゲット)を切ってワインを抜いて。
はい、召し上がれ。(^^)


そして、肝心のお味は・・・。

ふ~ん。

びっくりするほど美味しい!というわけではありませんでしたが。1つぶ20円以下と思えばね。(笑)
十分に満足。
プロモーションのアルゼンチンワインも悪くなかったし。
イスタンブール生活の楽しみがひとつ増えた、幸せランチでした。(^^)




f0103360_2327239.jpg
今日のおまけは、一時帰国時にお土産でいただいた セルフィユ のプリンジャム。

こちら、昨年の夏頃には、ちょっとした話題を振りまいたそうですね?
そのものズバリな見た目も可愛らしいですが(笑)、蓋を開けた瞬間、思わず 「プリンだーー!!」
甘~い香りに、ついつい爆笑。(^▽^)
滑らかな舌触り、お味の方もプリンそのもの。
たっぷりバニラビーンズに、手を抜かない日本製を感じさせられます。
エクメクとの相性も上々で、楽しくいただきましたとさ♪ (Sさん、どうも有り難うございました。^^)

[PR]
by nazli | 2007-01-27 23:27 | トルコの日常
イスタンブールはポカポカ日和
f0103360_15491750.jpg

1ヶ月弱の日本滞在を終え、トルコへ戻りました。

今年の日本は暖冬のようでしたが、ヨーロッパ方面も、「500年ぶり」の暖冬だそうで。
こちらトルコでも、真冬とは思えないポカポカ陽気になっています。
例年ならば連日さむい雨や雪が降り、モコモココートにモコモコセーター、足元はしっかりブーツで武装。長~いマフラーを巻いて、それでも寒そうに歩く人々が見かけられる時季ですが・・・。
今年ときたら、モコモコどころか軽めのコート、中には半袖姿(!いくらナンでも、それはやりすぎでは。^^;)で歩いている人まで見かけられたりして。
まさに異常気象、これってやはり、地球温暖化の影響でしょうか?
長く続く晴天、少雨によって、今から深刻な水不足が懸念されているようですし・・・。
思わず不安な想像が頭を過ぎるところです。

そんなお天気でも、部屋の中はカロリフェル(セントラルヒーティング)でアツアツ。Tシャツ姿でPCに向かっている私。(苦笑)
こんな調子で良いのかな?


* * * * * * * * *

f0103360_15493786.jpg
暖冬とは言っても、太陽が顔を出す時刻は まだまだ遅く・・・。
この日の日の出は、午前7時をまわった頃。
寝ぼけ眼でリビングから眺めた窓の外、
漆黒の夜空が、あっというまに赤く燃え上がってゆくひとときでした。


さて、今週は時差ボケとの戦いです。^^;)
頑張って乗り切らねば。

[PR]
by nazli | 2007-01-23 15:56 | トルコの日常
師走模様
今年も終わりに近づいてまいりました。
年初に立てた目標のうち、一体いくつを達成できたでしょう・・・?(汗)
年々自分に甘くなる傾向、来年こそは改めねば。(この辺りですでに大甘。大汗)


* * * * * * * * *


f0103360_19432497.jpg
何かと出かける機会が多い12月です。
こちらは、先日、今年最後のパーティ@イスタンブールに着て出かけたお着物。
寒さも厳しくなっている今日この頃、椿模様の訪問着にしてみました。

それにしても。
多少の体型の変化などビクともしない、やっぱり和装は楽チンです♪
(↑トルコに来て、かなり大きくなった人。)

・・・って、そんなコト言ってないで~。
来年こそは!キッチリ引き締めねば~~!!

* * * * * * * * *



f0103360_1940599.jpg
そんなこんなで、いつにも増して慌しかった今日この頃。
ようやく、年末年始の一時帰国が目前になりました♪


その前に、最近のお気に入りをひとつ。
チュラン・パレス・ホテル・ケンピンスキー のアフタヌーンティをご紹介させていただきましょう。

オスマントルコ時代、スルタンの宮殿として利用されていた建物を改修したこちらのホテル。
帝国の栄華を髣髴とさせる、どっしりと豪奢な雰囲気に、ボスポラス海峡を一望する素晴らしい眺望。
開放的でありながらエキゾチック、エレガントさが漂う、そんな中で楽しむお茶タイムです。(^^)

プレートを彩るのは、トルコの伝統的な小菓子やスコーン、チョコレート、などなど。(ほんのチョッピリですが、キャビアやフォアグラだって登場します。)
おめかししたスイーツたちを、いくつでもお代わりはご自由に。
お飲み物も、カプチーノ、エスプレッソ、アールグレイにダージリンに、・・・。お好きなものをお好きなだけ。
ピアノの生演奏を聴きながら、慌しい日常を癒してくれる至福のカフェ。
旅行者の皆さんも、トルコ歩きに疲れたらこんな雰囲気で一休み、いかがでしょう。



f0103360_2030257.jpgf0103360_19504323.jpgf0103360_1942054.jpg




f0103360_1943092.jpg

クリスマスイルミネーションがきらめくイスタンブールの街。
日本もきっと、とってもキレイになっていることでしょうねえ♪
さて、気合を入れて!
帰国に備えることにいたします!(^0^)/



Ciragan Palace Kempinski Istanbul
Cıragan Caddesi 32 Besiktas, 34349 Istanbul
+90-212-326-4646

[PR]
by nazli | 2006-12-22 06:14 | トルコの日常