<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
蔵出し画像 * セイシェルの思い出

モルディブ旅行記の途中ですが・・・。
(それを言ったらマルタ旅行記も、年末の修善寺旅行記も、ブカレストもずっと前のクルーズもパリも、、、以下略・大汗)
セイシェルに行きたいキモチがむくむくと再燃している今日この頃。
そんな気持ちを、チョットは落ち着けるために~。
古い写真を取り出してみました。

☆久しぶりに写真を収めてあるCDを開いてみて、ビックリ!
ものすごく枚数が少ない・・・。
そういえば、あの頃はまだ銀塩派だったゆえ、デジカメの画像が少なかったのですねえ・・・。(懐)



* * * * * * * *



f0103360_19543136.jpg

国際空港と首都のある島、マヘ島。
セイシェルの人口の約9割が暮らしていると言うだけあって、思いの他近代的な街並みに、よく整備された道路が広がっていました。


写真は首都のヴィクトリア。
可愛らしい色合いの建物が並ぶ、「世界で一番小さな首都」、チャーミングな街。
そして、街行くセルシワ(セイシェル生まれの黒人たち)の、なんとカッコ良いことよ!
艶やかなチョコレート色の肌に、多民族国家セイシェルの歴史の一端を垣間見るようでした。


* * * * * * * *



滞在先に選んだのは、珊瑚礁で出来た島、プララン島でした。

島では 環境保護の観点から、あらゆるモータースポーツが禁止されているという徹底ぶり。
さらには、公共の交通網というものも殆ど整備されていなかったので('03当時。今は??)、島内の移動はタクシー or レンタカーで。
どちらを選んでも、私たち外国人には 同じような値段設定でした。


そんな珊瑚の小島では、どこを走っても美しい海の色が目に飛び込んで来て・・・。
かと思うと、世界自然遺産にも指定されているヴァレ・ド・メのような、ダイナミックな熱帯雨林の渓谷が広がっていたり。
なんてワクワクとエキサイティングな、そして、心安らかな。

そうした気持ちが最高潮に達したのは、プララン島で最も有名なビーチ、
アンスラジオを訪れた時でした。



f0103360_19551138.jpg

息を呑むほどに美しい、きめ細やかで真っ白なビーチ。コバルト色したソーダの海。



ここでは、(いくら日焼けが気になるとはいえ)水着の上にシャツを羽織っていることが恥ずかしくなってしまうような・・・。
トップレスでは無い女性を探す方が難しいくらい、(笑)
極上のビーチでヴァカンスの開放感に浸りきる、まさに楽園の光景が広がっていたのでした。


f0103360_19553723.jpg


そして、そんな光景を包み込む、ごつごつと大きな岩々・・・。
セイシェルのビーチの代名詞にもなっている、巨大な花崗岩が並ぶ様は
どこか地球の外の景色のような・・・


赤茶色の大地の欠片に コバルトブルーの海がはじけ、白く泡立つ波が押し寄せる
ただ、ただ、ひたすらに鮮やかな、色彩の印象。
深く胸に染み渡り、静かに、静かに心満たして行ったのでした。


f0103360_1956192.jpg



* * * * * * * *

f0103360_19561825.jpg



そういえば、滞在中にはバレンタインデーもあったのでした。
その日のディナーでは、女性のゲストに真っ赤なバラがプレゼントされて。^^
食後のレモングラスティーが、ひときわ美味しく感じられたのでした。

* * * * * * * *

more
[PR]
by nazli | 2008-01-28 22:42 | その他海外の旅
乾燥対策として

カロリフェル(セントラルヒーティング)で、異常なほどの暑さ&空気乾燥。(温度調節があまりきかないのです・・・)
すっかり喉とお肌をやられている、イスタンブールの我が家です。

恐ろしいことに、(室内干ししているだけで)バスタオルなどの大モノ洗濯物も あっという間に乾いてしまうほどの乾燥っぷり。
美容上の理由は勿論、風邪ひき対策としても、普段からビタミン摂取につとめる今日この頃です。


f0103360_23104140.jpg
今日のジュースは、生しぼりザクロ。
既に旬を過ぎた感はありますが、まだまだ出回っています。
1キロ(中2個程度)で400円前後といったところ。
日本で売られているものと比べたら、(見た目こそ劣れ)かなりお手頃ではないでしょうか?


* * * * * * * *


こちらは、今回日本から持ってきたもののうち、ヒットだったもの。
armada-styleのM-3ブローローション(左)と、ムコタ のピュアエッセンスオイル(右)です。

f0103360_23111438.jpg
どちらもタオルドライ後の髪に馴染ませるだけ。
ブローローションは毎晩のブロー時に、ピュアエッセンスオイルは週に1度使用中。

元来、細くてこしが無く、扱いに苦労していた私の髪。(涙)
それに加え、前述の異常な乾燥+トルコの硬水で痛みきっていたのですが・・・。(涙々)
一時帰国時、いつもの美容師さんが奨めてくれたこともあり、取りあえず使ってみると。
心なしかツヤとこしが出てきてくれたような気が・・・・・・。
どうも一般には売られていないものらしく、「美容院でしか買えない」というのが難点ではありますが。
このまま調子が良いようなら、次回の一時帰国時にもリピートしたいと思います。


* * * * * * * *


☆ おまけ ☆
今年の目標達成に向けて;


f0103360_23115698.jpg
最近の美味しいもの*その1
もう出回っています、アーティチョーク♪

がくの部分をきれいに切り落とした後の、芯(?タッパーに浮いているもの)だけが売られています。

サラダに入れたり、お肉や他の野菜類と一緒にトマト煮にしてもgood♪ですが、
ペーストにして、オリーブやほうれん草と混ぜてディップにすれば、モウ♪
ワインのお供にぴったり♪なのです。^^

f0103360_23122597.jpg*その2
旬真っ盛り、巨大カボチャ。

トルコでは、甘~~~く煮付けたクローブ風味のお菓子にするのが一般的ですが、
我が家はもっぱら、パンプキンスープにして楽しんでいます。
まろやかな甘みが程よく、とっても美味しい。 の、ですが。

ひとつ問題なのは、
キロ単位の量り売りが基本なので(写真の袋も1.5キロ入り)、一度買うと軽く10人分くらい出来上がってしまう。
ということでしょうか・・・。^^;)


* * * * * * * *


f0103360_23125994.jpg

さて。
このところ、ポカポカ太陽が顔をだしてくれていたイスタンブール。
でも、明日あたりからはお天気も崩れ、雪模様になるそうですが・・・。
体調崩さないように気をつけなくちゃ。

[PR]
by nazli | 2008-01-22 00:36 | トルコの日常
今年の目標
年が明けて、早2週間経つところですが。
自戒の念をこめ、書きとめておきたいと思います。


今年の目標は、ずばり、

お料理を頑張る!!


日本人家庭、しかも、構成員は健康に留意しなければならないお年頃。と、しましては。
どこで暮らしていても矢張り、食生活の中心は和食になるもの。
ところが、海外、ことに日本の食材が手に入りづらい地域となると、
簡単な和食のメニューひとつとっても「あれが無い」、「これが手に入らない」、ということが多々あるものです。

・・・ですが。

それを言い訳に?ともすると日々の食生活がマンネリ化してしまいがちなところ・・・。
ためしに今回の一時帰国前に作ったお料理を思い返してみると、(手に入りやすくしかも美味しいからといって)鶏料理が多くなってしまったり、(大量に購入したトマトの始末に困って)トマト味のメニューが続いてしまったり・・・。
これでは日々の楽しみどころか、大切な家族の健康にも影響を及ぼしかねないというものです。

というわけで。
今年は、「無いものは作る!」という初心に返り、
楽しみながらも一手間加えるマメさを忘れず、メニューを増やしていきたいと思います。



* * * * * * * *


・・・っと言いつつ。

1ヶ月強の日本滞在中、朝食(と言っても果物を剥くだけ)と来客時をのぞく、ほぼ全ての食事を外食していた我が家。(汗)
トルコへ戻り、久しぶりにきちんとお料理をしようとしたところ。
緊張のあまり?!包丁を持つ手が震えそうになるとは~~~。
なんという体たらく。


f0103360_1615570.jpg


そして、トルコへ戻って、初めての週末の朝。
ゆっくり起きだしていくと、先に起きていた夫が、目覚めのみかんジュースを絞ってくれているではありませんか。
嬉しい反面、こんな調子で良いのかな・・・?^ー^;)


・・・ぼちぼち頑張るといたしましょう!

f0103360_162183.jpg

←こちらは、絞る前のみかん。(中央)
かなり小ぶりですが、味が濃くてgood♪
この他、日本のみかんと同じようなものもあります。


・・・でもこれ。前の晩は確か、20個くらいあったような気がするけど・・・。
一体何個絞ってくれたのかしら?!
どうもありがとう。
[PR]
by nazli | 2008-01-14 16:33 | トルコの日常
帰土早々

今回持ち帰ったもののうち、回進堂 の岩谷堂羊羹(ごま味)が美味しかったので、忘れないようにメモ。

甘いもの好きとはいえ、自ら羊羹を買うほどのことは無い我が家でしたが・・・。
これは、しっかりした味わいながら甘すぎず、ごまの風味も程よく、とってもgood。
機会があったら、自分でも買ってみたいなあ。(お土産に持たせてくれたKちゃん、どうもありがとう!)


* * * * * * * *


f0103360_1521294.jpg


こちらは、今年初のパーティ@イスタンブールに着て出かけたお着物。
初春の気分で、花尽くしを選んでみました。
(かなり黄味が強く写っていますが、本当はもっとクリームぽい色合いです。)

そして、帯は金茶のものにしようかな・・・と思っていたところ・が。
・・・ない!(日本から持って来てなかったか~。)
食べ物ばかりに気をとられて、そういうものを忘れるとはねえ。
がっくり。

仕方ないので、こちら の帯をあわせて。


* * * * * * * *

帰土早々バタバタと過ごしていた夫から、突然の連絡。 (まだ仕事中のはずなのに?)
曰く、 「今、病院に来てるんだ。」

はぁ?!!! っと聞き進むと、なんと、
些細なことからオフィスで怪我をして、これから手当てを受けるところだとか!
アイタタタ・・・。

幸い大事には至りませんでしたが、それでも、本人には大ショックだった模様。
加齢と共に、俊敏性も損なわれているのでしょうねえ。
いつもうるさい人がシュンとしている様子は、可哀想なような、可笑しいような・・・。^ー^;)
早く元通りになりますように!

☆怪我から早数日。本人はもうスッカリ回復気分だったりもして・・・。ーー;)
油断大敵!!!!
[PR]
by nazli | 2008-01-11 15:59 | トルコの日常
迎春

美味し楽しく過ごしているうちに、あっというまに年明けを迎えていました。



* * * * * * * *



f0103360_18463718.jpg
トルコの果物は、味が濃くて美味しい!(しかもとってもお手ごろ!) けれども。
日本の果物の繊細な美味しさは、また、格別です。


この日のお供は、見目麗しいプロポーションのラ・フランス♪
官能的な香りがたまりません。
たっぷりジューシィで、滑らかな舌触り。味も香りも抜群でした。^^


* * * * * * * *



大晦日の晩は、ちょっと早めに、実家で年越し蕎麦をいただいて。
父が打ってくれた鴨南蛮は、今年も絶品。
感謝・感謝です。


f0103360_18464816.jpg

そして、自宅に戻ったあとは、夫と2人テレビでも観ながらゆっくり泡々を。



大晦日の気分、ということで。まずはN響の第九を鑑賞。
つづいて、何か面白そうな番組はあるかな・・・?とチャンネルをまわしていると。
TOKYO MX でも、クラシック特集が放映されているではありませんか。

おりしも第九の演奏中、しかも、カラヤン&ベルリンフィルとは~。
久しぶりにみる「動くカラヤン」は、CDのジャケット通りの格好良さ。映像のセンスも中々。だけれども。
・・・(個人的には)あまりにも巧すぎて面白みの無い演奏だなあ・・・。
なんて思いつつ。(まるで、上手なオペラの演奏でも聴いているような。苦笑)

やっぱり、カラヤンにはこういう演目は合わないねえ。
でも、来年は生誕100周年だそうだし。ザルツブルグへ行ってみなくちゃかしらね?

そんな他愛もないお喋りと、千の夜に酔いながら、
07年は暮れていったのでした。



* * * * * * * *


そして、08年の年明けは、いつも通りに穏やかに・・・。

f0103360_18465892.jpg

たった2人の家族でも、神妙な面持ちで新年の挨拶を交わし。
お雑煮の後は、近所の神社へ参拝。そして、近くのお茶屋さんの甘酒で一休み。

お花以外、とりたててお正月らしい設えはしませんでしたが・・・。
それでも、なんとなく気分が引き締まる、
日本人のDNAがなせる業でしょうか。




今年も酔い  ちがうちがう  良い年になりますように。

[PR]
by nazli | 2008-01-03 20:02 | 日本の日常