<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
夏はやっぱり!

f0103360_16331967.jpg



快晴のイスタンブールです!





夏のトルコは、何はなくとも海でしょう!
っと、いうことで。
帰土後の今、一番お気に入りのお茶どころがコチラ。

more
[PR]
by nazli | 2008-08-21 18:48 | トルコの日常
阿蘇の旅*その5  夕餉ふたたび ~ そして

f0103360_15502790.jpg


     本日の献立は・・・。
     やっぱり、「九州づくし」 かな?^^


more
[PR]
by nazli | 2008-08-18 18:03 | '08阿蘇の旅
阿蘇の旅*その4  朝餉 ~ ドライブ

f0103360_22202713.jpg


目覚めれば、快晴の空!


・・・とはいかず。
この日も、阿蘇の山々は深い霧の中。


f0103360_22205086.jpg



それでもやっぱり、広々とした風景を眺めながらのお食事は気持ちが良いもの。

レストランは、カウンター席、テラス席、個室の掘り炬燵席のいずれかを選択できますが、やはりテラス席が一番人気。
我が家も、前夜と同じテラスの席で朝食を。


f0103360_2222769.jpgf0103360_2221479.jpg


新鮮野菜がしゃきしゃき~。
飲むヨーグルトも、まったり濃厚。美味しいです。
身体がキレイになりそうな朝食。
たっぷりいただいて、さあ。
今日は一日、ドライブに出発です!


more
[PR]
by nazli | 2008-08-14 18:15 | '08阿蘇の旅
大きな買い物

☆ 阿蘇の旅の途中ですが、ちょっと一息。 ☆


f0103360_631815.jpg



新鮮野菜がとっても美味しい、盛夏のイスタンブールです。


この日はトマトがあまりにも美味しそうだったので、完熟を選んで2キロほどお買い上げ。しめて200円ナリ。
(最近、キロ単位の買い物に抵抗が少なくなってきたような・・・。トルコ化?!!)
まずはサラダ、そしてトマトソースを作ってパスタに。翌日は鶏肉、パプリカ、オリーブ、etc と煮込んで、チリンドロン作成。
素材が良いので、簡単なお料理でもとっても美味しく出来上がってくれるのです。^^
ありがとう、夏トルコ。


そして。
夏のトルコで忘れちゃいけない美味しいもの!
っといえば・・・。

more
[PR]
by nazli | 2008-08-12 07:00 | トルコの日常
阿蘇の旅*その3  夕餉

f0103360_2226267.jpg

       < 本日の献立 >

       冬瓜ピース小鍋仕立て
       初夏の八寸
       旬とうもろこしすり流し汁
       天草のしまあじ造り
       壱岐牛の炭火焼 または 鮑の肝バター焼
       旬の穴子握り
       天ぷら
       新牛蒡しゃぶと豚のしゃぶ鍋
       雑炊
       自家製くず切りとメロンアイス



さあ、どんなお味を楽しませてくれるでしょう?^^

more
[PR]
by nazli | 2008-08-11 03:31 | '08阿蘇の旅
阿蘇の旅*その2  客室

f0103360_18455169.jpg

エイ皮製というキーホルダー。
エイってこんな手触りなのね。



オープンから2年余りを経て、ルームキーも随分こなれた感じになっているのかな・・・?
窪みだけを残した、ルームナンバーは「13」。



今回宿泊したのは、Aタイプの客室・13号室。
山側、川側と並ぶ離れのうち、山側にたつ客室です。



ゆったり大きなソファから、フロアランプ、AV機器、ポット、くつべらなどの小物にいたるまで
室内のどこに目をやっても、潔いほどにシンプル&モダン。
63平米という広さに、高くとられた天井が開放感をプラスします。
そして、館内の他のスペース同様、磨きこまれたくるみ色のフローリングが とても良い雰囲気。



f0103360_18461942.jpg



f0103360_18463892.jpg




全体的に暗めのトーンと、直線による構成。
ともすれば無機質になりそうなほどシックな空間なのに・・・
不思議と安らかな温かみが感じられるのは、すべてが自然の色合いだからこそ。


まるで、我が家に帰ってきたような居心地の良さ・・・。


f0103360_18472083.jpg



ベッドルーム部分は、美しい網代天井に琉球畳。
段差を設け、天井部分も低めに・・・。ゆったりした心持で就寝できるよう配慮されています。

そして、なめらかな肌触りが上質なリネンに身をうずめ、何気なく窓外に目をやれば・・・
なんて深い、緑。



f0103360_18475372.jpgf0103360_1848736.jpg



どこまでも限りなく続くような、深い、深い、阿蘇の森。
国立公園内、8千坪もの敷地を有するというこの宿は、まるで、阿蘇の自然に人工の美を溶け込ませたかのような・・・。
なんという贅沢な空間でしょう。



そんな贅沢な快適さを心ゆくまで堪能できるのが、バスルームです。

more
[PR]
by nazli | 2008-08-08 22:03 | '08阿蘇の旅
阿蘇の旅*その1  到着

今夏の一時帰国は、温泉をもとめて南北へ!
すっかりふやけ通しの毎日でした。


まずは、南の温泉地。
阿蘇の思い出を書き留めておきましょう。



* * * * * * * *


今回の目的地は、阿蘇くじゅう国立公園。
熊本から大分にまたがり横たわる、広大な国立公園です。

火の国(肥の国・熊本の旧名)の由来になったともいわれる阿蘇山(阿蘇五岳)と、北東部の大分側に連なるくじゅう火山群。
周囲100kmにも及ぶ世界最大級のカルデラと、雄大な外輪山を持つ阿蘇の景観は、まさに「火の国」のイメージそのもの。
そして、九州本土最高峰の中岳を擁するくじゅう火山群は、猛々しいまでのダイナミックさ。
私たちが思う九州像の、ひとつの姿ではないでしょうか。



f0103360_25943.jpg



羽田から熊本空港へ降り立ち、手配していたレンタカーへ。
瑞々しさが零れ落ちそうな、初夏の外輪山を目指します。



ところ・が・・・。

f0103360_2592249.jpg


快適に飛ばしていたのは、ほんの少しの間だけ。

初夏の阿蘇は、霧がちの日が多いのかしら?
標高が上がるにつれ、冷たい靄がどんどん濃くなり始め・・・。
ミルクロードへ入った頃には、ご覧の通り。



カルデラの底から沸き立つ霧が、止め処なく溢れ、流れ、山間を覆い、・・・。

のどかな牧歌の風景と、眼下に広がる絶景が見所のはずだけれど・・・。
おっかなびっくり走る私たちの目を覆うのは、どこまでも白濁した深い霧。
これこそミルクロードの由来かしら?
なんて、思わず呟いてしまうような。



f0103360_30236.jpgf0103360_2594790.jpg


f0103360_312096.jpg


やっとの思いで辿り着いた外輪山の最高峰、大観峯にも足を延ばしてはみたものの・・・。
やっぱり何も見えないな~~。

仕方がないので?阿蘇五岳が一望できるというお茶屋さんにて
ソフトクリームで一休み。


f0103360_303246.jpg



ミルクロードを抜け、やまなみハイウェイをうねりながらゆっくり、ゆっくり下り・・・。
ようやく霧も薄くなってきたような?



さて。
あとは一路、今日からの滞在先 界ASO を目指しましょう。



f0103360_304845.jpg


more
[PR]
by nazli | 2008-08-07 21:51 | '08阿蘇の旅