<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
バリの旅*その3 あるいてみよう

抜けるような青空に誘われて、怠け者も繰り出す午後。
タクシーを飛ばし、一路南部の町へ。ぶらぶらお散歩&ショッピングです。
(そして、相変わらずなバリ に遭遇したりもして・・・。苦笑)




f0103360_21563064.jpgf0103360_21563774.jpg


レギャン、スミニャック、クロボカン。
久しぶりに訪れる町々は、前よりずっと人気が無いような?
大きなペンジョールが、風に揺られてゆらり、ゆらり、・・・。


じりじりと、照りつける太陽の音が聞こえてきそうなくらい。静まり返った村の小道。
ふと目を遣ると、涼しげな木陰でお昼寝中のわんこが一匹・・・。^^



f0103360_2156570.jpgf0103360_21561388.jpg




f0103360_2211494.jpg


気になるお店を覘いてみたり、通りのカフェでリフレッシュしたり。
好奇心と購買欲に折り合いをつけたら・・・さて。
お外の散策は、これにて終了。
あとはずっと、リゾート篭もりを決め込むとしましょうか。


* * * * * * * *

more
[PR]
by nazli | 2009-03-22 23:41 | '09バリの旅
ちょっぴり日本

f0103360_17364446.jpg




所用により、少しだけ帰国していました。


more
[PR]
by nazli | 2009-03-13 18:35 | 日本の日常
週末香港

バリ編の途中ですが、チョット一休みして・・・。


先週は、日本から お久しぶりの方々 が来港されたので、ご一緒に週末香港をたっぷりブラブラ。^^


☆お会いするのは、実に6~7年ぶりくらい?!でしたでしょうか。
トルコ生活でスッカリ丸くなった私を認識してくださって、有難うございました。^^;



f0103360_20295125.jpg

香港へ遊びに来たからには、食べ歩きははずせないでしょ!
そして今回は、地元密着型をご所望♪ ということで


やっぱり美味しい♪お粥は 羅富記粥麺専家 を選んで・・・

f0103360_20305371.jpg


ダメもとでチャレンジ!蓮香楼 へも。




☆相変わらず大盛況!の店内に怯む私たちでしたが~。
(今回も)親切な香港人のお父さん&息子さんのお陰で、無事テーブルを確保・・・。^^;

ちなみに、私たちに席を譲って下さったこの親子さん。
UKに留学中の息子さんが久しぶりに一時帰国、ということで、わざわざこのお店へやって来たのだとか。

ケンカしているの?っという勢いの大声で広東語が飛び交い。
小山のように蒸篭を積み上げたワゴンや、お茶くみおじさん、空席待ちのお客さんたちが狭い通路を行き交う店内。
満ち満ちる人いきれ、雑多な雰囲気に圧倒されながらも、物珍しげに店内を見回す日本人の私たちに

「君たち、この(レトロで活気のある)雰囲気を味わいたくて来たんだろう?^^
自分も、息子にこんな空気を教えておきたくてね。
ここみたいに、昔ながらの味を楽しませてくれる店は、香港にはもうほとんど無いからね・・・」

なんて、しみじみおっしゃっていました。



f0103360_20302023.jpgf0103360_20302777.jpgf0103360_20303497.jpg



* * * * * * * *


何はともあれ、食事は2人きり、ということが多い(というかほぼ毎日)我が家。
やっぱり中華は大人数だなア。
などと思いつつ、どこへ行っても、箸もハナシも忙しく。大満足で大満腹!なわけでしたが。
我が家的に、今回一番のヒットだったのが、

more
[PR]
by nazli | 2009-03-05 10:28 | 香港の日常
バリの旅*その2 おいしい時間

日暮れ時
きちんとテーブルセッティングがされた、庭園のガゼボ。


f0103360_17552261.jpg

ジンバランの海を見渡すテーブルに、
昨日は2人用、今日は大勢様で、
そして明日は・・・


ここを訪れるゲストの誰か
きっと、毎日が記念日なのでしょうね。


f0103360_17554797.jpg




何にもしなくても、お腹は減るもの。
これも健康なればこそ?


照りつける日差しが眩しい、南国の陽が傾きはじめたら。
広いお庭を散策がてら。その日、その日の気が向くままに、お食事どころを探してみましょう。





庭園の片隅、ひっそり佇む Indonesian cuisine にトライしたり・・・



f0103360_17561144.jpgf0103360_17561839.jpgf0103360_17562686.jpg



ベッド・オン・ザ・ビーチ。
濡れた浜辺で、ロマンティックを満喫したり。


f0103360_17593285.jpg




f0103360_17595486.jpgf0103360_180120.jpg



f0103360_1801668.jpg



f0103360_1804217.jpg




時には町まで足を延ばして。
新鮮なお魚、日本の味覚に舌鼓を打ってみたり。^^



f0103360_17572390.jpgf0103360_17573055.jpgf0103360_1757382.jpg



f0103360_17575433.jpgf0103360_1758267.jpg





f0103360_18203165.jpg


そして、誰に気を遣うでも無く、ゆったり、のんびり過ごしたい夜には。
お食事の仕度は、ヴィラのアウトドアリビングで。
夫婦水入らずのひと時を・・・。



f0103360_17565797.jpgf0103360_1757444.jpg



そんな、気ままな夜の終着点は
いつの間にやら、海辺のバーになっていたりして・・・。




f0103360_1821043.jpgf0103360_1821999.jpg



漆黒の波が、寄せては返す夜の海。

松明に輝く水面、引き込まれそうなほど美しく。
どこまでも深い静けさが、なんだか少し、怖いような・・・。



遠く漁火が滲みはじめたら、今宵の潮時。


私たちの帰りを待つヴィラの部屋。
天蓋に透ける向こう側、ゆるやかに流れる風が心地良く。
清潔なシーツの香りに顔をうずめ・・・。
ゆっくり、ゆっくり更けてゆく、ヴァカンスの夜でした。


f0103360_1823484.jpg


more
[PR]
by nazli | 2009-03-03 10:41 | '09バリの旅